08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

WHERE WERE YOU

Jeff Beck氏への愛と妄想と妄言しかありません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

Jeff Beck USツアー2009-2 

NYも春だから、そこら中に桜があって花盛りでした。花見は出来ないと思ってたのでらっきー♪
sakura?

前回の続き。

3日目、4月9日。
この日は確か前日夜にたいして食事をしてないので、朝食はアメリカらしい物を食べようということになり、ダイナーへ。

というか、この旅行中ずっとそうだったのですが、朝食はちょっと遅い時間にバナナかシリアルくらいで、お昼ごはんは抜き、昼前から夜7時くらいまでずっと立って待ってて(さすがに足は痛くなります)その後にオールスタンディングのライヴ見て、12時過ぎにやっとご飯って感じでした。待ってる間はたまにちょっと飲むくらいで、それでもまったくおなかがすかなかったです。
普通あれくらい食べないと、空腹でしょうがないはずなのに。
晩御飯も、空腹だからというより、食べておいたほうが良いよねって事で食べてた。
今回の旅行、1日の大部分を立って待って過ごしてたわけで、ありえんよ~(笑)

Pさんも、追っかけに入ると大体いつも飲まず食わずになっちゃってどんどんやせる、でも辛くないって言ってたけどそのとおりだった。アドレナリンがでてて全然感じないのかな?
好きな人に会えて、つらくなくて効果の大きい良いダイエットだよねー(笑)

で、行ったお店は、7A、その名のとおり、Ave.AとE.7th St.の角に建ってます。
7A

メニューはパンケーキとか、卵とかベーグルとかいかにもアメリカって感じ。
クリームチーズ付きベーグルにスクランブルエッグ頼みましたが、卵にはベーコンやソーセージを付けることも出来ます。あと、サラダをボウルで取ってシェア。
朝食
やっぱり、とにかくでかい。ベーグルについてくるクリームチーズ、フィラデルフィアのクリームチーズ半箱分くらいあるんじゃないかしら。そんなに要らないのに、なんかもったいないな。
スクランブルも、卵2個かなぁ。
Pさんの分は、たまねぎとスモークサーモン入りのスクランブルに色々入ったパンのトースト4枚くらいに、ポテトのソテーみたいなのがついたの。
ボリューム朝食
サーモン入りのスクランブルすごい美味しいの♪
でも、3人ともそれぞれダイエット中だったんで、あんまり量が食べられる体になってなくて、結局かなり残しました;
大きなベーグルがもちもちしてて、すっごく美味しかったです。これは完食しちゃった。
次に行く時は、ストロベリー入りのバターを乗っけたパンケーキ食べてみたいです♪そのバターがとっても美味しいんだって。多分食べきれないから、3人ぐらいでシェアで(笑)

フィルモア
で、3日目の会場のフィルモアへ。ここはPさんのアパートからすごく近いので、歩いて行けて楽です。
12時ちょっと前くらいかな?まだあいてなくて。
写真良く見えませんが、遠くにクライスラーのビルが見えます。

掲示板
入り口横にビデオの掲示板があって、ライヴ予定が。April 9 10にJeff Beckの名前があります。
ここねー、結構小さいの。キャパは1200くらいだそうな。
フィルモア内部
この写真はフィルモアの公式サイトから。
ライブハウスみたいな。スタンディングで、一応2階もある。
スタンディングのフェンスとステージの間は1メートルあるかないか。

とにかく暇があったので、ほんの1ブロック先のユニオンスクエアでオバマグッズとか出店でお土産買い。
ユニオンスクエア

この日は風は寒かったけど、日向はあったかくて半そでの人もいっぱい。でもしっかりコート着てる人もいるし、みんなばらばらなんだよね。

Bさんがオバマグッズをまとめてたくさん買ったら出店のでっかい黒人のおばちゃまが喜んでいくつかおまけにくれました♪「Really? Thank you♪」「Oh~」っつって、でっかい体とはぐはぐ♪スイートな人だったわー。

戻ってみたら、既に一人サングラスの男性がいました。この人、最初は一人だったけど、段々仲間が増えていって最終的には10人くらいになったかな。こちらは結構並ぶ事にはおおらからしく、ちょっと抜かされても気にしない人が多いらしいけど、バリ日本人な私らは、友達を引き入れてどんどん膨らむ彼らにちょっとぴりぴり(笑)

でも前の彼らも後ろに並んでた人たちも、とにかくみんな楽しそうにおしゃべりして待ってました。アメリカも日本での私と同じで、多分実生活で回りにjeffの事が話せる人がほとんどいないんじゃないかな?
だから、思う存分、何年のあのライヴは見た?とか、盛り上がってました。

そのうちに大きなトレーラーがやってきて、中から機材をスタッフがどんどん運び入れました。
じゃあ裏口から入るのかなと思って、行ってみたら、なんか怪しいメンズが何人も;
トレーラー
ちょっとお見苦しいものが写ってたので修正いたしました(^^)
裏口
サングラスさんもいる。
フラッシュのLP持ったもじゃもじゃ長髪にロックTシャツの人とか、ちょっと見ホームレスっぽい人とか、でっかいJeffのJGBくらいの頃の写真パネル持ったなーんか粘着質のオタクの人とか、全部男です;
先生なんか気の毒;
とにかく、気持ち悪い感じで、サインペン持ってうろうろしてた。
でも、5時くらいに結局先生ご一行が入って行ったのは裏口じゃなくて、正面でした。
バン
この車に乗ってきたの。
プレゼントを渡したくて裏口にいたんで、はずれでちょっとがっくり;

ひでじと派手ジェイソン
街角にたたずむひでじと派手ジェイソン。

そのあとスタッフが行列を囲む柵を作って、開場を待ってたんですが、一つ問題が。
Pさんは2枚を実物チケットで、1枚をWillcallという、当日引き換える券でとっててくれたんですが、このWillcall、オフィスは12時には開いてたのに、会場と同時の7時にしかチケット交換してくれないんです
あらかじめ交換しておけないから、幾ら早く来てても交換に手間取ればチケット持ちの人にどんどん抜かれてしまうわけで、並んでた意味が無くなってしまう。
引き換えにはIDと照合してサインしなくちゃいけないし。
そんな面倒な事、さっさとしてしまえば混乱する事無いのに、案の定、7時の開場時には大混乱でした。
で、中に入っても、もう一つのドアの前でまた並ばせられた。このときには外で並んでた順番なんかぐちゃぐちゃだし、「オレはずっと待ってたんだ」って横入りしようとする人もいるし。おいおい、あんたの顔外で見なかったぞ。後ろにいたおっちゃんがたしなめてたけど、結局そのままその人そこにいたし。
結構みんな怒ってたよ、手際悪すぎ。
こんなヒドイシステム初めてだ!って、スタッフに文句つけてた人もいた。

その中扉が開くと、なーんとアメ人オヤジたち、走る走る!!
私らも必死で走り、Bさんは階段1段飛ばしで駆け上がって何とか最前列左側の位置をゲットしました、ふー;
大体いつも先生って、ステージの右のほうばっかり行くじゃないですか。だから右側じゃないのがちょっとなーと思ったんですが、それでも狭いステージだし、最前列です♪
オールスタンディングは努力すればしただけのことはありますねー。まあ、Willcallのシステムのせいでその努力も水の泡になるところでしたが。

ここでも、既に最前列並びきってるのに後ろからステージど真ん中あたりに「Excuse me」って言うだけで割り込もうとする人もいた。すごいなー、これくらいあつかましくないとアメリカでは生きていけないのかな。でも、その人、女性でしたが、後で話しかけてきて別れ際には「Take care!」って言ってくれましたが。
うーん、日本人心狭すぎか;

ステージ前と柵の間の隙間を、ウェイトレスさんが往来して、「Drinks!」って叫んで注文とってました。混みこみでもう身動き取れないから、あれは良いね。柵近くの一部の人からしか注文取れないけどね。

で、またディヴィ・ノールズ君の前座があって。
ドブロ?
エレアコと、ドブロギターってやつですか?じゃりーんて音のするギター使ってました。床にエフェクターもちょっと並んでたけど、あんまり使ってなかったような。
この写真でも分かると思いますが、ものすごく近いんです!!
目の前です!!
それにここ、一眼レフはだめだったけど、コンパクトデジカメなら、フラッシュ焚かなければ写真はフリーだったの。
ノールズ君、よかったです。応援してあげたいな。CD買ってあげれば良かったな。

ノールズ君のあとはいよいよJeff達なのですが、いい加減だらだら長いけどあと一つだけ。
フェンスに陣取ってほっと一息ついてたとき、Pさんにおじさんが声をかけてきました。以前にJeffのライヴで「写真が出来たら見せてね」って感じで仲良くなったおじさんだそうで、その時にホントにアルバムへのリンクを教えてくれたのはPさんだけだったそうで、ものすごく感激したのだとか。
また会えて嬉しい、たくさんいろんなブートのDVDを持ってるからコピーしてあげるよって、とってもいい人でした。
なんかIBMにお勤めなのだとか。私も写真アップしたらお知らせしてあげたいな。

そしていよいよお待ちかね、Jeffのライヴ。
左手に陣取ったのは痛かったなと思ったら、なんと大正解でした。目の前にエフェクターが置いてあったんです!
ノールズ君の写真の手前に写ってる黒い箱がそれ。
ステージが狭いせいか、ステージの端に置いてあって、もちろん演奏中エフェクターを踏みに来るわけで。
こんなのでしたよ。
エフェクタ
ワンコのと、赤い箱一つに白い箱が二つ。その隣にはセットリストが貼ってあります。
左端にあるのはワウですよね。あと、シャリシャリした音になるのと、歪みが大きくなるのと、なんとなくぺんぺんした音になるのかなぁ、よくわからない。
足でふむだけじゃなく、しゃがんで手でボリューム?調節してる時もありました。

いつもステージの左手にいると背中ばっかり見ることになるんですが、この位置だとそんなこともなく、ほとんど正面にいつもいてくれる感じでした。
演奏は、ちょっと荒かったな。出来はフィラデルフィアの方がずっと良かったです。
blue windではラストで間違えて、回数がわかんなくなってしまいましたし。あちゃーやっちゃった;ってジェフもそんな顔してたし、観客もみんなそんな顔してたろうなー、私らもそうだった(笑)

その1
ズームなしでもこんなに良く見えました。
よこむき

タルちゃんソロ~♪
タルちゃんソロ

まん前です。
まんまえ
先生よく動くから、ぶれる。

スタイルは、フィラデルフィアといっしょ。背中の赤いベストに黒皮パンです。
2本太い赤が入ってて、わきにも細くちょっと入ってます。金色の細い糸で、あちこちにきらきらが入ってました。
せなか
なんかこの写真好き♪こんなカッコ良い背中の64歳がいるんでしょうか、ここにいますね(笑)

あんまりステージと近いものだから、客がどんどん話しかけるし、それに先生答えたり(笑)
演奏中に「Talk to me Jeff!」って声かけた人にも、ギター弾きながら口パクして答えてました。
Angelの時だったかに、途中で「グエッ!」って感じの声を上げた人がいて、Jeffもチラッと見て笑ってたんですが、演奏後にマイクまで行って「あんまり変な声あげないように」なんて言ってました。
わりとしゃべってましたよ。

ヴォーカリスト
なんか、歌ってるみたいな(笑)

ステージ上はかなり暑いらしく、3曲目くらいからはずっと汗がぽたぽた落ちてました。
タルちゃんもヴィニーも、1曲ごとに飲み物飲んでたし。
あつい

演奏は荒かったけど、リラックスした楽しいムードで進んで終了。
セットリストはこれ。
セットリスト
Sさんがステージからくれたの。横から他の人がひったくろうとしたのに対してががっと怒ってくれて、私たちに渡してくれました。うわーんありがとうございますー、ほんとにSさんには感謝。

この日は裏口で出待ち。
待ってたのは私ら以外は全部オヤジです、先生気の毒(笑)
奥様のサンドラさんも出てきて、写真撮らせてもらいましたよ♪とっても綺麗な人で、声もすごくやさしくて、素敵な人でした。かってにサンちゃんと呼ぶ事に(笑)
サンちゃんとPさんが話してたら、ジェフによく似たヘアスタイルの男性がでてきて、サンちゃんナチュラルに自分の夫と間違えてました。くぁいい~の。

12時くらいだったけど、晩御飯にベジご飯、フムスとファラフェル食べてこの日はおしまい。
フムスとファラフェル
フムスもファラフェルも豆をつぶしたものをペーストにしたり揚げたりしたもので、ピタパンに突っ込んで食べました。美味しかったよー。

書き忘れてたけど、私のプレゼントはこの日最後にステージに投げ入れました。
ちゃんと拾って持って行ってくれた。ちゃんと渡せてよかった。

長いけど内容無くてごめんなさい。
最後の一日はもうちょっと写真乗っけたいです。
ではまた。

Posted on 2009/04/15 Wed. 01:18 [edit]

category: Jeff Beck妄言

TB: 0    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://scatterbrain.blog17.fc2.com/tb.php/549-f0ca4592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。