09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WHERE WERE YOU

Jeff Beck氏への愛と妄想と妄言しかありません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

私の好きな人&大妄言(汗) 

大好きな♪ケイト・ブッシュの11年ぶりのニューアルバムが出ます。
Aerial
Aerial

HMVで結構大きく広告が出てました。
ジャケ写が綺麗。
国内版はコピーコントロールCDだそうなので、輸入版を予約しましたん♪アマゾンが安いよ。
ところで、シンディは一応来日はしてるらしい?のかな。コンサートはしないけど。
なんか小倉さんか誰かがそんなことを言ってました。
でも、ニュースに出てないような。どうなんだろ?

さて、今日はちょっと、くだらな~く、ミーハー語り♪
目も当てられないほどくだらないので、読みたくない人はこれより下は読まないでください^^;
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2005/10/30 Sun. 02:10 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

30

やっとピックを買いました 

近所の楽器屋さんで買ってきました。1枚100円。
大きいのと小さいのと3枚買ってみたんですが、小さめで硬めのが使いやすい感じでした。
ただ、やっぱり音が大きいので、ちょっとビビってしまう^^;慣れなきゃ。
それと、弦への当て方が、したから上へのときは、やっぱりちょっと寝かすのかな?今は弦1本とばしちゃったりしてます。
これも練習次第なんだろな。
スピッツとか、コードの載ってるところを見つけたんでちょっと試してみたんですが、スピッツの私の好きな曲は何でいつもFが出てくるの;
試してみたら、まあ、ぺんぺんではあるけど、音が出ないことは無かったけど。
できれば、F無いほうが良い・・・(いくじなしっ!)

んでね、JeffのLove Is Greenは見つからなかったんだけど、単音で弾いてるみたいだったので、案外簡単にコピれました。もちろん、完全に弾けるわけじゃないけど;
それから、Another Placeのタブも見つかった♪Where Were Youも♪
でも、カポが必要・・・。
一応あるんだけど、ゴムので、ゴムが伸びちゃってるんだ。
新しいの買おうか、新しいゴムを縫い付けてみようか考え中。
ワタクシ、結構自作するのが好きなもので。
まあ、主に洋裁、ニットなんですけど。
だから、Jeffが車を組み立てて、エンジンが掛かるときが一番寂しいというのは、すごく良く分かる。完成すると、楽しみがひとつ終わっちゃうんだよね。
B00000I924Who Else!
Jeff Beck

曲名リスト
1. What Mama Said
2. Psycho Sam
3. Brush With the Blues
4. Blast from the East
5. Space for the Papa
6. Angel (Footsteps)
7. THX138
8. Hip-Notica
9. Even Odds
10. Declan
11. Another Place

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

で、コードジャカジャカもいいんですが、グリーンスリーブスみたいに、アルペジオで弾くほうがなんか楽しいなって思って。
次はZEPの天国の階段にチャレンジしてみようかと。
家族に聞いたら、簡単な弾き方のなら、案外弾けるというので。
もちろん、カポが何とかなったら、Another Placeも弾いてみよ♪
さすがに、アコギでWhere Were Youは、かなり無理っぽいけどね^^;
B000002J09Led Zeppelin IV
Led Zeppelin

曲名リスト
1. Black dog
2. Rock 'n' roll
3. Battle of Evermore
4. Stairway to Heaven
5. Misty mountain hop
6. Four sticks
7. Going to California
8. When the levee breaks

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted on 2005/10/29 Sat. 14:13 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 5

29

Queen日本公演(行きませんけど見たい)そしてラウル・ミドン、新旧対決(してません) 

クイーンが、好評なようです。
今回私は行かないけど、とりあえず良かったね。
そりゃ、ポール・ロジャースだもの、悪い訳ないし、ジョンがいなくても、ブライアンとロジャーがいれば、クイーンのアウトラインはきっちり整うわけだし。
朝のワイドショーで、木村拓哉のドラマで初めて聞いたという、確か眞鍋かおり?だっけ?が、「これだけ渋ければ盛上りますよね」なんて言ってました。
クイーン・・・渋いっすか?
ポールのヴォーカルなら、渋いかもしれないね、確かに。
でも、クイーンはやっぱり、きらびやかという印象。もちろん、フレディーがいたからこそのきらびやかさだったんですが。
今回のライブは大晦日にスカパー?で年越し放送されるそう。
え~、BSぐらいで放送してよ!(結局は見たいのよ~)
アナザー・ワールド
アナザー・ワールド

ところで、ブライアン・メイのソロアルバムを聞いたんだけど、私はあんまりクィーンに詳しくないんで、真実はどうか知らないけど、クィーンの曲作り、音作りはブライアンが中心だったんでしょうか?
ソロでも、とってもクィーンっぽかったです。なんというか、重厚に音が重なってくところとか、メロディーラインとか。
だから、クィーンのきらびやかさの半分はブライアンだからだったのかな?
それに、フレディーのあの声が重なって、さらに華やかになったんかいな、と思いました。

昨日まで、ヤフオクにBECK BOOKが出てたんだけど、ううう~ん・・・ぼろすぎ。
これ、とっても欲しいんだけどねー。いくらなんでもあそこまでぼろいのは、1000円でもちょっと・・・。
ただ、中身の写真が多かったので、ますます読んでみたくなりましたが。

そんでもって。
大御所クィーンの対極のような、新人(かな?)さん。
いろんなアーチストが大絶賛、スティービー・ワンダーもアルバムに参加してるし、Jeffもファンになっちゃったという、盲目のミュージシャン、ラウル・ミドンの生ライブを地元のFMでやってたので聞きました。
ほお~~~。
ギターも良かったんですが、ヴォーカルがとてもよかったです。もし、派手な伴奏がついたとしても、ぜんぜん引けを取らないだろう、伸びやかでしっかりしたヴォーカルでした。
今回は、というか、いつもなのかな、自分でギターを弾いて歌ってたんですけどね。
それと、口でトランペットの音をだすんですよ。それも見事でした。聞いてるだけだと、本当にトランペットを誰かがひいてるみたいでした。
即、Amazonで注文しましたよ^^
ステイト・オブ・マインド(期間限定)
ステイト・オブ・マインド(期間限定)

ラウル・ミドンについては、BarksでJeffを検索(相変わらずJeffばっかりな私・・・)したら出てきてたんで、一応知ってたんですけど、おい、チョッパー2様で情報もらいました~。
クィーンで20年前をしのぶのもいいけど、新鮮な風も良いですよね。

Posted on 2005/10/28 Fri. 09:10 [edit]

category: 音楽

thread: ギター  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 2

28

ギターのれんしゅう~ 

sixpence none the richerKiss Meを練習中。
左指のほうは良い感じに硬くなって、ぜんぜん痛くなくなりました。
ところでわたくし、ピックを持ってないんです;
この曲ってコードをジャカジャカってやるんですけど、今は親指の端っこでやってるの。
で、やっぱりピックのほうがやりやすいのかな?と思ったんですが、楽器屋にピックだけ買いに行くのもなーと思って、とりあえずその辺にあるプラスチックの物をいろいろ試してみました。
ものさしとか、ペットボトルを切り取ってみたり。
すっごいバカ?だよね^^;
ちなみに、ペットボトルは、やわらかすぎてペンペンした音になっちゃうのね。
プラ定規は結構良いみたいだけど、ちょっと分厚すぎるみたい。
角が角いのもあんまりよくない感じ。
やっぱり、ピック買ったほうがいいかな?(汗)
ひとつびっくりしたのは、ピック(じゃないけどさ)を使うとすごく大きな音になるんだねー。

で、Kiss meは今持ってるフォークギターでもオッケーなんだけど、プリテンダーズのとか、スピッツのもやってみたくて、それだとやっぱエレキだよね?スピッツはアコギでもいいかな?
初心者エレキで全部セットで1万円のでも、欲しいな・・・。
でもさ・・・。
おばはんのエレキって、どう思います?
別に人前で演奏する気はまったく無いのだけど、ついつい、そんなことにお金使ってどうすんねん!という主婦の現実が頭を支配してしまいます。
まあ、お金は、自分のお小遣いで買えば別に家計から出るわけじゃないので、良いと言えばいいんだけど、おばはんが今からエレキってのがやっぱりちょっと引っかかってしまって。
どなたか、おば世代でエレキ始めた方、いらっしゃいませんか?
どんなもんでしょう^^;?

それと、JeffのLove Is Greenのタブ譜、どっかに落ちてないかなー(楽譜買えよ自分;)。
B00005AREPWired
Jeff Beck

曲名リスト
1. Led Boots
2. Come Dancing
3. Goodbye Pork Pie Hat
4. Head For Backstage Pass
5. Blue Wind
6. Sophie
7. Play With Me
8. Love Is Green

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑このジャケ写大好き♪

Posted on 2005/10/27 Thu. 08:25 [edit]

category: 音楽

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 9

27

Trouble Man 

Trouble Manは↓これに入ってます。
聞くたびに思わず笑っちゃうのは私だけ?
Jeff
Jeff

Posted on 2005/10/26 Wed. 09:05 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

26

89年のライブ 

前に、画質が悪い!ってんで、買ったのに見てなかったDVDを見ました。
スティービー・レイボーンとのツアーの時のです。
画質、音質ともに悪いです。
でも、演奏がすごい良い。涙出ちゃう。
Jeffが楽しそうに弾きまくってます。
やっぱ、このトリオが最高!
また一緒にやってくれないかなぁ。
んで、スティービーも良いっすね!
古い人間と言われようが、やっぱギターが好きだー。

Posted on 2005/10/24 Mon. 17:27 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

24

ディズニーランド行ってきました 

ども。
3日ほどディズニーランドとディズニーシー、箱根あたりで遊んできました。
帰ってきたら変なドラバがついててがっくり。
なんかちょっとまえTVでブロードウェイの話題のミュージカルで、マペットが出てくるのがあって(内容は大人向け)インターネットが発達したのはポ○ノが見たかった人のせい~とか歌ってました。
そうなのかもしれない、一理ある、でも、見たくない人にまで見せないでほしい。ほんと、いらないってば。

ちょっとまえにJEFF BECK1980年の日本公演の音源を聴きました。
名古屋公演の分ではなかったですけど、ああ、そうだったな~なんてちょこっとは思い出がよみがえりました。
音質はあんまりよくないけど、かなり弾けてて、じっくり聴くと結構いいです。
スペースブギーでのドラムもやっぱすごいね。
それから、今に比べれば、Jeffは結構よくしゃべってました。長くはしゃべらないんだけど、2曲ぐらい演奏するとちょっとしゃべるという感じ。
んで、最後のゴーイングダウンでは歌ってくれちゃって。
悪い、やっぱ、あなたは歌わないほうが良いよ、というのが正直な感想ですわ、ははは^^;

Posted on 2005/10/21 Fri. 21:16 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

21

テリー・ボジオ フランク・ザッパ 

Baby Snakes (Dol)
Baby Snakes (Dol)

奇才フランク・ザッパのDVDがでたそう。
Jeffと相性抜群のドラマー、テリー・ボジオも出てます。テリーはザッパさんとこの門下生だったから。
ザッパさんについては、2~3回見て、変な人だ~でも面白いと思ったくらいで、何にも知りません。
この映画は若きテリーのパンツ一丁で叩いてるところがあるそうで、う~ん、興味はあるけど(パンツにじゃないよ、ザッパに対してです)・・・。レンタルにでてたら・・・無理かな。
Jeffも、ザッパさんとこのアルバムに1曲参加してるのあったよね、確か。
結構気が合ったそうです。
ザッパ+Jeff・・・・どんなんだろ、想像ができない(汗)

Posted on 2005/10/18 Tue. 17:11 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

18

シンディ・ローパー 

来日は中止になったそうです。
あらら。
まあ、アルバム発売と同時に来るにしてはあまりにも時間が無さすぎだったんでしょうね。
改めて、もうちょっと準備期間を置いてからのほうが、いいかも。
ところで新しいアルバムですが、DualDisc盤もあるとのことですが、DualDisc盤って何?・・・・・片面DVDですか!
あらら、普通のを予約しちゃった。
でも、どんな内容が入るのかな?
まあ、Jeffが出るって事は無いでしょうけれどね、多分。
時間が無いし、そーゆー話も今のところ聞こえないみたいだし。
ん~、予約しなおそうかな~?
というか、予約取り消して、様子を見たほうがいいかも。

Posted on 2005/10/17 Mon. 08:33 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

17

‘TRUTH’ GETS RE-ISSUE OF THE YEAR AWARD! 

Jeffの第1期JBGのアルバム、"Truth"が、イギリスのクラシックロックマガジン?の「今年の再リリース賞」?をもらったらしいです。
?ばっかりで、あやふやなんですが;
Truth
Truth

今年5月に出た分の"Truth"に対してだそう。
何年か前にも再リリースされてて、そっちは昔のとまったく同じ内容だったけど、今年出たのは、未発表のテイクとかのボーナストラックが8曲入ってて、海外盤だと、ピクチャーディスクで、写真入の本人の解説というかインタビューというかの16ページのブックレットが付いてます。
日本版だと、紙ジャケ仕様ですがディスクは普通で、この解説の原文と翻訳したのが入ってる。写真は無しの紙1枚のみ。
この解説が、結構面白いです。
1曲1曲に対してコメントが付いてるんですけど、"I've Been Drinking"のギターの音を「酷い!」って言ってます。カズーみたいだって(笑)でも、ボーカルもギターのフレーズもかっこいいし、良い曲ですよねぇ。
試聴はこっちでできます。
しつこいですが、このアルバム大好き。
やっぱり、傑作だと思う。
これ、最初のメジャーバンドヤードバーズを脱退して初めて作った自分のバンドでのデビューアルバムなのです。
ヤードバーズのころと比べるとすごい前進してる。たったの4日で作られたんだそう。
初めて聴く人は、あまりに今風の音とは異質だから違和感があるかもしれないけど、シンプルでパワフルでヘヴィなかっこよさは感じてもらえるんじゃないかな。
ちなみに、17曲目、18曲目はJeffの大嫌いな曲で、ご本人の「猛烈な抗議にもかかわらず、ここに収められた」曲です(笑)

Posted on 2005/10/16 Sun. 10:58 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

16

シンディ・ローパーのセルフカバー集「ボディ・アコースティック」 

発売ちょっとだけ延期になりました。
11月9日の予定だそうです。欧米での発売より早く手に入ると思ってたのにちょっとだけ、ちぇっ。
詳しくはこちら
Jeff参加のは1曲目ですねぇ。どんな曲なのかな~?あっさり系かな。

グリーンスリーブス、ぼろぼろながらも何とか1曲通して弾けるようになりましたっ><
左手の指先は日増しに硬く厚ぼったくなってきてて、キーボードを打つと違和感が;
ところで、truthのCDの裏を見てたら、多分、Jeffによる当時の解説文が書いてあって、"~which by the way is the same as Elvis'"とあるんですけど、これって、エルビス・プレスリーと同じ弾き方って事なのかな?エルビス・プレスリーもグリーンスリーブスを弾いてるの???

ま、とにかく、もう少し上手に弾けるようになったら、Six Pence None The RicherのKiss Meを弾いてみたいな。(このリンクの先は公式ページで、Kiss meやほかの曲も最初から最後まで聴けますよ~。歌詞はこっち。)
実はプリテンダーズのKidsが真っ先に弾きたいんですけど、あれはエレキ・ギターじゃないとねー。最初の部分はアコギでちょっとだけ弾いたりしてますが。
プリテンダーズといえば、クレジットなしでJeffのアルバムにクリッシーが声を入れてくれたことから、参加してるアルバムがあります。
ヴィヴァ・エル・アモール
ヴィヴァ・エル・アモール

まだ聴いたこと無いのよね。聴きたいな。

Posted on 2005/10/15 Sat. 16:19 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 1

15

オースティン・パワーズ 

オースティン・パワーズ
オースティン・パワーズ<USA VERSION/DTS EDITION>

何でこのブログにオースティンなのか?
なぜなら、コメディ大好きなJeff Beck先生のお気に入りの映画だからなのです(笑)ツアーにもDVDを持ち歩いてるらしい;
え~、趣味悪!って、まあ、引かないで^^;
私もそう思うけどさ・・・・。
欧米人と日本人のギャグのセンスの間には暗くて深~い川が流れてるのですよ。モンティ・パイソンとか、あっちの人って、下ネタ大好きだしねー。あれで爆笑できる人は、きっと英語脳です(大嘘)
とにかく; 見てみました。
で、やっぱり、下ネタだらけで、くだらないです。くだらないの大好きな私でも、本当に笑えるポイントは少ない;
ただ、欧米人はこういうことがかっこ悪いとか思うんだろなということはおぼろげながら分かるかな。
それよりも、60年代のスウィンギング・ロンドンのファッションや音楽がすごく楽しかったです。カラフルでとても新鮮でした。そういう部分はものすごくお金をかけて凝ってました。
で、Jeffはまさにその時代の真っ只中にいたわけで、その辺もお気に入りポイントなんじゃないかと、ちょっとばかしJeffを擁護してみたりして;
欲望
欲望

ミケランジェロ・アントニオーニの映画「欲望」にその当時Jeffとジミー・ペイジが籍を置いていたヤードバーズが出てるシーンがありまして、その映画はスウィンギング・ロンドンのカタログ的なもんらしいんです。らしい、というのは、ヤードバーズの出る部分しか見たこと無いんで、よく分からないからなんですけど。
(ちなみに、そのシーンは、平凡で音楽でギターなblogさんのヤードバーズの動画2で見れます。ヤードバーズのDVDでもはしょったのを見れます。)
でも、クラブに来てる女の子たちのファッションや、サントラCDの裏なんかを見ると、まさにオースティン・パワーズと一緒です。まあ、オースティンのほうはハデハデに誇張してあるとは思いますが。
で、オースティン・パワーズのエンディング・ロールで、オースティンがボーカルでバンドの演奏映像が流れるんですけど、それも、ファッションはもちろんのこと、曲調もとても60年代っぽい。
思わず、ヤードバーズの曲やThe Whoとイメージが重なっちゃいましたよ。
そういったわけで、個人的には(マニアックな意味で)楽しめる映画でした^^

ついでなので、もうちょっと。
-- 続きを読む --

Posted on 2005/10/14 Fri. 10:31 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 1    CM: 0

14

阿漕なアコギ・・・(意味無し) 

先日からフォークギターで挑戦中のグリーンスリーブス、一応、メインのメロディの前半はできるようになりましたぁ。
でも、後半の高い音、8フレットの1弦と6弦を同時に押すなんて、できません><
10フレットの3,4,5弦同時押しもできまっしぇんよ。ぺんぺんな音になってしまいます。
多分、人差し指とかでがばっと全部押してしまえばいいんだろうけど、押さえきれないの。なんか、力仕事なんだなぁ。
エレキだったら、どうなんだろ?
やっぱり高い音のところは押さえるのきついのかな。おもわずエレキに期待しちゃうんだけど。

ところで、昨日気がついたんですけど、お買い物って、注文して手に入るまでが一番わくわくしてるのねー。
手に入ってしまうと、かえって気持ちがさめてしまって、また違うものを注文したくなってしまう。
特に、なかなか手に入らないものだと、欲しくて欲しくてしょうがなくなるの。だけど、そんなに焦がれた物でも、手に入れたら、置いておくだけだったり。
いかんですね、こうしてカード地獄にはまっていってしまうのかも。
今は主にCDなんだけど、やっぱ、聞いてみないとわかんないので、説明文だけ読んでるとこれはすごい名盤なのかもしれないって、期待がすごく高まってしまいます。
今は、第1期Jeff Beck Groupのライブが聴いてみたい。ヤフオクで時々でてるんですよね。でも、60年代の録音だから、やっぱ音質はひどいだろうなと思うと、躊躇してしまう。ううん、悩むわ。

昨日家族がゲイリー・ムーアを聴いてたんで、久しぶりに聴きたくなって、コージー・パウエルのTiltを引っ張り出してきて聴きました。
Tilt
Tilt

どうでもいいけど、何でこの写真は日本語の帯つきなんだろ;
Jeffは2曲参加してますが、あう~、ジャジーなんだけどロックでかっこいいです。
んで、ゲイリー・ムーアも、すごく綺麗。この方、実に情感たっぷりで、うまくて、綺麗なんで、かなり好きです。
でも、すごい顔。それだけならまだしも、近年はすごい肥満。
そこが引っかかって、すんごい良いんだけど、大好きとはいえないの。
やっぱ、Jeffのほうがかっこいいです。ロッカーは太っちゃいけません。
はい、ミーハーでございますよ、もちろん!

Posted on 2005/10/12 Wed. 13:35 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

12

リッチー・ブラックモアのインタビューで 

古いインタビューです。全文はこちら
最後のほうにJeffのエピソードがちょっとあります。
Jeff Beck once told me that he went to Nashville to do a record. While he was in the studio, this guy who was sweeping up asked him, "Can I borrow your guitar for a second?" Jeff said, "Oh, of course." The guy started playing and completely blew Jeff away. He left soon after that. Thank goodness all those amazing players stay in Nashville.

Jeffを吹き飛ばしちゃったなんて、どんなにかっこいいプレイだったんでしょ。
なんか、Jeffのカントリーとかへの憧れと尊敬の気持ちが滲み出てるようなエピソードだと思いました。
ギターを貸してって言われて「もちろん」って気軽に渡してしまうところもJeffらしい(笑)
リッチーとは交流があるんでしょうかね?出身地はご近所ですけど。

ところで!
シンディ・ローパー来日です!
東京だけ、1夜限りなんだそう。
東京近郊にお住まいの方、レッツ・ゴー!私はいけないけど^^;

あ、そうだ、昨日書き忘れてたんだけど、Red, white&bluesのなかで一番のお気に入りはLulu with Jeff BeckのCry me a riverです!
歌詞を探してきて、歌ってます>▽<
とてもあんなふうには歌えないけど、きもちいーのだ。カラオケにあれば歌いたいぐらい。
で、短いながらも、Rollin' & Tumblin'はやっぱり最高にかっこいいのです。
試聴でもいいから聴いてみてほしい!!

そんでもってミーハー語り。
イモジェン・ヒープのブログ読んでたら、やっぱり彼女もJeffとサンドラの結婚式に呼ばれて行ったそうです。
そういえば、ジェニファー・バトンのサイトにも、イモジェンがRollin' & Tumblin'を歌ったって書いてあったし。
庭でボーイフレンドとキャンプしたんだって。大きな家なんだから、泊めてもらえばよかったのに、なんでやねん^^;
それが、その記事の日付が8月のはじめなんですよね。
Jeffの結婚が報道されたのは9月半ばだったけど、ということは、やっぱり7月にあった、Beck's summer bashってのが、結婚式だったんだー。

もひとつ、どうでもいいんですが、フジTVのとくダネ!のオープニングがスタイルカウンシルのShout To The TopからプリテンダーズのDon't Get Me Wrongに変わりました。クリッシーは好きなんで嬉しい^^スタカンも好きだったけどね。
Our Favourite Shop
Our Favourite Shop

Greatest Hits
Greatest Hits

Posted on 2005/10/11 Tue. 08:44 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 2

11

ゆ~び~が~い~た~い~><&Jeff 

昨日夜遅くまでがんばって、何とかイントロと最初の4小節?はできるようになりました。
何しろ始めたばかりなんで、コードの名前なんぞ知りません。難しいコードなのか簡単なコードなのかも分からず、ただただタブ譜どおりに押さえるのみ。でも、どの指で押さえるべきか、よくわからない;
左手の指先が真っ赤になってじんじんしてます。
続けてれば、指先が硬くなって痛くなくなるのかな?でも、かちかちの指先なんて、女として、なんか、ヤダ・・・。
Jeffの左手は指紋が消えちゃってるそうな。ううう・・・がんばろう。
なんか、エレキ・ギターはもっとやわらかい?らしいですね。こんなにがんばって押さえなくても良いんだとか。いいなあ。やっぱエレキ買おうかな。

アマゾンで頼んでたCDがぜんぜん来やしないので、3枚中2週間かかると書いてあった、ポール・ロジャースのだけ残して、別便で送ってもらうことにしたら、すぐ来ました。
もっと前にそうしておけばよかったわ。ポールのも1500円以上するんで、別便でも送料かからないんだったのにさ。
んで、待ちに待った2枚来ました♪
ジョージ・マーティン イン・マイ・ライフ
イン・マイ・ライフ

Red, White & Blues  サントラ
Martin Scorsese Presents the Blues: Red, White & Blues

ジョージ・マーティンは、ビートルズをずっとプロデュースしてきたことで有名な人。これは、彼の手がけたビートルズナンバーをいろんなミュージシャンが演奏したのです。
試聴するなら、こちら
まだとりあえずJeffのA Day In The Lifeしか聞いてませんが。
この曲、前にも書いたけど、フィギュア・スケートのミシェル・クヮンがショートプログラムで使ってました。
元のビートルズのは、いかにもどらっぐ~なにおいのする曲なんだけど、Jeffのバージョンでも途中ぐあ~っとすべての音がぐちゃぐちゃになる場所があります。でも、全体的に病的な雰囲気は無く、メロディの美しさが際立ってると思う。
ブックレットに、
and he is the one guitarist who can make his instrument sing like the human voice.(彼は楽器を人間の声のように歌わせることのできるギタリストだ)
と、ジョージ・マーティンが書いてますが、そのとおりだと思う。
具体的に人間の声に似てるとか、そういうことじゃなくて。Jeffはギターと一体化して、ギターになって歌ってるの。
声帯を使っての歌は苦手だけど、ギターで歌えるから問題ないね(笑)

Red, White & Blues のサントラは、ブルース系の古い録音のと、この映画を撮ったときの新しい録音(曲はブルースの名曲)とが入り混じってます。
古い録音のほうは、ルイ・アームストロング、マイルス・ディビス、レイ・チャールズ、クリームとか、ほかにもいろいろ。
ルイ・アームストロング(なんてチャーミング!)、フリートウッド・マック、マイルス・ディビスのがよかったなぁ。
全20曲のうち7曲が映画撮影時のセッションの録音で、うち6曲にJeffが参加してます。
Jeffは1曲目が一番派手ですねー。ギターが唸ってますよん♪
DVDでもっと聞かせてよ!って欲求不満になったローリン&タンブリンは、ちょっと短くて残念。
そのほかは、DVDの印象と同じで、かなり控えめ。Jeffが中心のセッションじゃないんで仕方ないね。だけど、もちろんJeff以外の人もセッションに参加してるのに、タイトルにはTom Jones & Jeff Beck、Lulu with Jeff Beck(&とwithはなにか違いがあるのかな?)という風にタイトルに名前が出てるのはボーカリストとJeffばっかり。Jeff出ずっぱりと言えましょう。
DVDの監督(マイク・フィギス)のインタビューで、監督がJeffのファンだっちゅーことを言ってたんで、こういうことになったのかな?
だってね、映画本編には、Jeffはまったく出てこないんですよ。同時代のクラプトンや、クラプトンのいたクリームとかそのへんはちゃんと出てるのに、そのころのヤードバーズ(Jeffが在籍してました)のことでさえこれっぽっちも出てきません。
なのに、なんでJeffが演奏してるの?って、ちょっと不思議なんですよね。それはJeff本人も「ブルースの語り部みたいな感じに扱われて、話が違うぞと思ったんでウチへ帰ろうと思った」なんて言ってるくらいなんだもん。
やっぱ、監督のえこひいきよ、絶対。
まあ、Jeffって映像が少ないから、ファンとしてはうれしいけどね^^

Posted on 2005/10/10 Mon. 18:54 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 4

10

ギターって楽勝? 

ずっと1弦が無いままほってあったフォークギターの弦を買ってきて全部張り替えました。ナイロン弦からスチール弦に変えてもらったんですけど、この方がはっきりした音がするんですね。
私は小学生のころ兄が弾いてた曲を1曲弾けるようになって、ず~っとギターは弾いてないんで、ぜんぜん弾けないです^^;
なのに、本屋さんで、こんな本を買ってきてしまいました。あほーかもしれません。
アソんで覚える楽勝エレキ・ギター講座―アソび感覚でギターがマスターできる!
アソんで覚える楽勝エレキ・ギター講座―アソび感覚でギターがマスターできる!

いや、でも結構面白いんですよ。
しょせん、遊びですから、気楽にできるのがいいんですわ。
フォークギターなんで、音を歪ませることはできないけど、初歩は同じだし、ゲゲゲの鬼太郎とか、はなからぎゅ~にゅ~とか、そんなメロディをけらけら笑いながらやってます。
でも、アコースティックなのもやってみたくなっちゃったんで、ネットでタブ譜を配布してるところからダウンロードして、ちょっと挑戦中。
グリーンスリーブスのJEFF BECKバージョンっすよ~♪
Truthに入ってるのです。
Truth

試聴は、こっちでできまっす。
もう何度もこのアルバムのせてます。そう、大好きなんですよこれ。

まだ、覚えるところまでは行ってないけど、ゆっくりならなんとなく弾けるもんですね。やっぱり、よく聞いてる曲だと、やりやすいです。
これは外国のサイトだけど、日本のサイトでもあるのかな?
検索してみよ~♪
あと、このサイトもとっても勉強になりました。しばらくはギター初めの一歩のページをじっくり遊んでみるつもり。
ところで、エレキギターって、入門用のなら安く手に入るんですね!1万円で一通りそろっちゃうんだ。
手ごろだし、クリスマスか誕生日にでも、買っちゃおーかなー?
なんて、家族に言ったら、どうせだったらフェンダーのちゃんとしたのを買えば、弾かなくても飾っておいても綺麗だし、とか、またまた言い始めました;
なんで、男の人って、こう、現実的じゃないんでしょう^^;
そりゃあ、ちゃんとしたやつのほうが当然いいでしょうけれど、ちゃんと弾くかどうか分からないなら、壁飾りになるかもしれないもののために8万~10万も使うのはもったいないじゃないですか=3
壊したら・・・と思うと、かえって触れないかもしれないし。
そういえば、以前にMP3プレーヤーを買ったときも、近所の電気屋さんで1万円くらいのを選んだら、「ネットのほうが同じ品でも安いから」とその場では買わずに帰ってきてしまいました。まあ、それもそうかと思ったんで、任せたら、勝手に選んだのとは違う機種にしちゃって(怒)
それが、まだ発売前だったソニーのネットワークウォークマンだったんですけど、発売日過ぎてもぜんぜん入荷されず、手に入れるまで1ヶ月もかかったんですよ!
そりゃね、電気屋で選んだよりデザインもいいし、容量も大きくてたぶん性能も良いんでしょう。
んだけど!すぐ欲しかったのに!値段も高かったし!!
長い目で見れば、高いものを買っておいたほうが良いことが多いですけど、電化製品については、どんどん性能がよくなっていくから、あんまり最新の値の張るものに飛びつくのは、ね。
まあ、家族が満足ならそれでいいかー(でも私の誕生日プレゼントだったんだぞ)

Posted on 2005/10/09 Sun. 09:46 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: ギター  -  janre: 音楽

TB: 1    CM: 6

09

シンディ・ローパーのセルフカバー集、11月2日発売 

だそうです。
詳しくはこちら
アメリカより先行で出るんですね^^
パフィも参加するんだって。
カバーだけじゃなくて、新曲もあるから、少しはラジオやTVで流れるかな?
Jeffとパフィが同じアルバムだなんて、楽しいです。

Posted on 2005/10/08 Sat. 21:14 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 2

08

74年の映像 

↓1974年のBBCのTV番組の映像。↓
http://www.johnzguitar.com/JeffBeckBBC74.wmv
この映像は、ブートのDVDで持ってますが、画質はこれと同じくらい、悪いです。でもこれは、色がついてるだけマシかな。
時期は、BBAとBlow By Blowの間。
ギターもまだ、懐かしいギブソンのレスポール使ってます。Blow By Blowのジャケに写ってるやつですね、多分。
バックを勤めてるのは、JeffがそのころプロデュースしたUPP。1曲目は、UPPの曲。
そのあと、いろいろギターについて説明してるのが興味深いです。個人的に、ワウワウを使ってちゃかちゃかした音を出すのを知らなかったんで、とっても勉強になりました、BECK教授^^。
で、トーキングモジュレーターを使って、She's A Womanを演奏するんですけど、この曲はBlow By Blowに入ってる曲だけど、ここではまだレゲエアレンジじゃないのね。でもこのバージョンもなかなか良いです。
これで、この映像は終わってますが、もともとこの番組は5人のいろんなギタリストが出てる番組で、ブートだと、番組の多分、オープニングで、Jeff以外の人はアコギなんですけど、5人全員そろってロドリーゴのアランフェス協奏曲を演奏してるシーンのあるのもありました。
以下、ミーハー語り↓
Jeffは白い、ちょっとかかとの高い底の厚いブーツを履いてるし、フレアパンツだし、時代を感じますね。髪も長くて、今よりずっと華奢で、sexy垂れ流してたころですね~*^^* 上目遣いにぐっときます(撲殺)
そんなにビニールチューブを振り回したら、さっきくわえた時の唾が飛ぶんじゃないかと心配になったりして。

Posted on 2005/10/07 Fri. 23:06 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

07

ヤードバーズ 

ヤードバーズ
ヤードバーズ

ヤードバーズのビデオまた見ちゃいました。
ヤードバーズのことは前にも書いたけどさ。なんか、年寄りの思い出話みたいかも(汗)

ヤードバーズのレコードを買ったのは中学生か、高校に入ったばかりの頃だと思うけど、最初は凄い違和感で、聞いてられませんでした。
でも、なんか、一生懸命聞いたんですねー。
そして、結構気に入った曲もできちゃったりして。
もちろん回りには、ヤードバーズ知ってる友達なんて一人もいなくて。
中学のころは、周りはビートルズとか、サザンとか、アバとか。
ザ・ベストテンを見た後に、ヤードバーズ・・・・やっぱ、変な娘だったでしょうね。
今聞いてみても、結構ほとんどの曲が頭に入ってて、聞いても全然違和感を感じません。
今更、あの時代の音楽(はっきり言って生まれる前;)に馴染んでるのって、良いのやら悪いのやら。
なんだか、時代が自分のなかでごちゃまぜになってしまって、「古臭い」とはどういうことか、分からなくなってしまってます。
ということは、害の方が大きいのか;

ミーハー的見地から言えば、このビデオはかあいい♪(撲殺)Jeffがたっぷり見れて、珍しい人たちも見れて、とってもお気に入り。

Posted on 2005/10/06 Thu. 21:14 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

06

Jeffが好きな人、Jeffじゃないのが好きな人 

エピックの掲示板で、「何でみんなあんなすばらしいJeffが好きじゃないんだ!」と叫んでる人がいました。
つまり、彼の奥さんも子供らも、実際にJeffのコンサートに連れて行ったとしても、自分のようにJeffにノックダウンされない。最初は性別のせいだと思ってたけど、実際女性ファンもいるわけで、中には親子でファンな人もいたりして、と~ってもうらやましい、何で自分の周りの人はJeffの良さ分かってくれないのか、と、そんな感じの事を言ってました。
ファンの中には、Jeffは特別音楽や芸術に対して感覚の鋭い人が理解できるのだとか、選ばれたオーディエンスなんだ(選民思想みたい;)とか、Jeffはコマーシャリズムに背を向けてて、それで良いのだとか言ってる人もいますね。
私は、もちろんJeffファンでありますが、彼が人気という点でいまいちでい続けたのは、やっぱり、流行に興味が無かったからだと思います。
流行って、そんなに悪いもんじゃないと思うんですよ。
いろんなものが時の移り変わりにしたがって、順番にもてはやされるってことでしょ?ブルースだってラテンだって流行に乗った事はあったわけで、くだらないものしか流行しないわけではない。
ただ、Jeffはその流れに乗ろうとしない、Jeffの音楽的興味は流行とは無関係に変化してってると思う。
Jeffは流行を知らない、引きこもって自分の世界だけで生きてるわけじゃない。ちゃんと見てるもの。
でも、今流行しているからといって、興味のもてないものを無理やり頭に入れたくないだけ。
そんでもって、彼だって、商業的な成功に背を向けてるわけじゃなくて、タイミングが合わないだけだと思う。
彼の音楽的興味が幸運な事に流行とぴったり時期が合えば、ちゃんと売れるんですよ。Blow By Blowなんて、そういったわけであんなに売れたんだと思うし(もちろんそれだけが原因じゃなくてすばらしかったからだけど)。
で、あるスタイルが流行してるときって、そのスタイルの才能の豊かな人がたくさんでてくるわけで、そうすると、そのスタイルの傑作ができやすい環境になるよね。品質の良い材料が豊富ってことだから。
それと、同じスタイルをずっと守り続けてる人にとっては、流行がめぐってくるのはチャンスでしょうね。
数年前のラテンブームで、ずっとラテン畑にいたサンタナがどーんと売れたじゃないですか。彼があの時特に優れていた(もちろん、彼はいつでも優れてると思います)というよりは、彼の番が来てて、タイミングよくアルバムがあったってことよね、あれは。
Jeffの場合は、スタイルはどんどん変わって行ってるので、順番を待つという事はできない。
彼の興味の方向と、時代がまたぴったりあう瞬間がめぐってくると良いな。
そうすれば、より多くの人がJeffの曲を好きになってくれて、商業的にも成功してJeffが豊かになって、流行がまた違うものに移っていったとしても、彼の名前はロックに深く興味の無い人の脳裏にも残るでしょ。
そうなれば、私らのような、ずっと彼が好きでい続けてるファンの溜飲もさがるってもんですよ。
みんながほんの1曲分だけとか、名前を知ってるとかそういったレベルでもJeffの事を認識してくれるのは、私は大歓迎です。
もちろん私らがず~~~っと応援し続けてたJeffが誰でも知ってるJeffになったとしても、JeffはJeffであり続けると思うし。
多分、ほとんどのJeffのファンって、最終的には彼の生き方というか、ずっと前進し続ける彼の音楽に対する態度が好きなってしまうんだと思う。
で、人にはいろいろ好みがあるわけで、当然Jeffが好みに合わない人だっているし、それは仕方ないよね。私だってどうやっても、演歌は好きになれないわけだし。だから、Jeffに興味がもてない人は否定しない。
でも、圧倒的にJeffが世間に認識されるチャンスが少ないのは、うれしくないの。潜在的なJeffファンに気がついてもらえないでしょ。
だから、このブログ書いてるようなもんです。
このバカなミーハー女が大騒ぎしてるJeff Beckって何者?っていうふうにでも、ちょっとでも彼に興味を持ってもらうきっかけになれば良いなと。

それにしても、エピックのメッセージボードに来てるファン(たぶん中年以上のおじさん)は熱いです。we not only like him....we love him!とまで言い切ってます。

Posted on 2005/10/05 Wed. 08:26 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 2

05

There and Back tour 

There & Back
There & Back

前にも書いたけど、初めて行ったJeffのコンサートは、1980年のThere and Backの時のだったんです。
このアルバムは、Jeffファンになってからリリースになったので、来日するって分かってものすごくうれしかった。
でもお金ないんで、結局迷った末に手に入れたのは名古屋市公会堂1階のずいぶん後ろのほうの席でした。
名古屋市公会堂は、1階の前列にいられないなら、2階で見たほうがずっと良いんですよ。2階席がステージにせまっててね。だから、最悪な席でしたわ。
最近知ったんですが、Jeffのツアーのなかでもこのツアーはすごく評判がよかったらしいですね。
あんまりたくさん曲を知らなかったんで、細かいことは記憶に無いんですが、強く感動したのは覚えてます。とにかくよかった。
そのほかに覚えてること:
大好きなスキャッターブレインが、信じられないスピードで、ぶっ飛びました。
音が大きくて。コンサート終わってからもしばらく難聴になってました。これは、ほかのコンサートでも経験してたことだったんで特に気にしてなかったんですが、Jeffのコンサートとしては、この時はとても音が大きかったんだそうです。
Jeffはシャツの上にベスト(黒か赤かどっちだったか)を着てました。スニーカー履き。
サイモン・フィリップスのドラムに圧倒されました。
今までほかのコンサートでは、ドラムソロって、メンバーの休憩時間って感じで、もういいから早く終わってまたメンバーが出てこないかななんて、思ってたんです。
それが、サイモンのドラムは、パワフルなのはもちろんですが、美しい!
ドラムに対して美しいなんて、一番似合わない表現だと思うのに、そうとしか思えなかった。もう、ドラムソロなんて、食い入るように聞いてしまって、終わってもぼ~っとしちゃいましたよ。
レコードで聞いてる時は、難しいリズムを叩いてるな位の印象だったのに、やっぱライブは違いますね。
それに、サイモンって、その当時は22歳くらい?で、ぽやんとした顔の小柄なお兄ちゃんで、お城のようなドラムセットの向こうでほにゃ~っと笑いながらあんなドラム叩くなんて。
とにかく気に入ってしまって、当時友達と同人誌(オタク!)やってたんですけど、ペンネームにサイモンをもらいました(笑)
あと、とにかくJeffが楽しそうだったのが、すごく印象的でした。
よく雑誌に載ってたのが、むっつりした顔とか、うっとり系のステージ写真が多かったから、余計だったかも。
アクションも意外に多くて。
そうか、この人は音楽してる間が最高に幸せなんだなって。楽しそうに演奏するJeffというのが、自分のなかですごくポイント高くて、ますます好きになりました。
コンサート後、裏口で出待ちしました。
出てきたJeffはジージャンを着てたと思います。
タクシーの後を、バイクと自転車と車が追っかけていきましたね。彼らはJeffとお話できたのかな。
私も追っかけたかった^^;
どの曲でだったか、オーバー・アンダー・サイドウェイズ・ダウンの、あのフレーズを弾いてたと思うんですよ。
今、とっても、80年のライブ音源が聞きたいです。できれば名古屋の。
さすがに、映像は無いみたいだけど。あったら絶対欲しい!

サイモン・フィリップスは、現在TOTOにて活動中。
ライヴ・フィールズ
ライヴ・フィールズ

Posted on 2005/10/04 Tue. 10:32 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 1    CM: 6

04

キース・ムーン 

The Whoの映画をロジャー・ダルトリーが作るらしいです。
The Whoは、82年に解散したイギリスの伝説的なロックバンドで、ロジャー・ダルトリー(ボーカル)、ピート・タウンゼント(ギター)、ジョン・エントウィッスル(ベース)、キース・ムーン(ドラム)の4人がメンバーでしたが、中でもキースはパワフルなドラミングと破天荒な性格ですごく印象的な人。
映画では、キース役をオースティン・パワーズマイク・マイヤーズがどうやらやることになったそうな。
まあ、乏しい英語力で読んだ英文からの情報なんで、あくまで”らしい”ですけどね;

オースティン・パワーズ(まだ見たことありません)の設定が、「60年代のスウィンギング・ロンドンから甦った伝説のスパイ」なんだそうなので、スウィンギング・ロンドンの立役者のひとつでもあったThe Whoのキースを彼がやるのは納得が行く感じです。なんて書きながら、Whoのことはよく知らない;なんせ、生まれる前のことだし。
でも、Jeffとは同時代だし、キースはJeffのヤードバーズ脱退後のBeck's Boleroの録音に参加してたし、Jeffとは少なからず関係があったんで、ひょっとしてJeffも少しは出ないかな?期待しちゃいますよ。

前にも書いたんですけど、キースについてのJeffのインタビュー記事がありまして、これがすごく面白いです。
「車を売りたいから見においで」ということでキースの家へ行くんですけど。
そのころJeffは、キースから気に入られてたようで、キースの車(ピンクのロールスほか数台あったみたい)でビーチボーイズ(キースはビーチボーイズのマニア)をかけながら橋の下を時速100マイルで走ったり、キースの車にはマイクがつけてあったので(フロントグリルから音がでるようになってたそうな)、「そこのバイク、すぐ降りなさい!」とか言ってバイクをからかってたそう。
キースが100ヤード先にいたバイクに乗った警官にそれをやった時は、Jeffは首を引っ込めて逃げたとか。
で、キースの家(何もかもが出しっぱなしで、犬の糞だらけ)へ行ってみたら、見れば見るほど欲しくなくなるようなひどい車だったんで、結局車は買わず、ぐでんぐでんになるまで飲んじゃうわけですが、なぜかそこに居合わせたガングロな女の子と同じ部屋に泊まることになって。
(そのころJeffは日焼けした娘が好みだったそう)でも結局手もだせず、もんもんとした一夜を過ごしたようです(笑)
次の日、爆音で目を覚ましたJeffたちが庭を見ると、そこにはホバー・クラフトに乗ってぐるぐる回ってるキースが;
そのあと、ホバークラフトでパブまで行ったそうな。ほんまいかな;
ロールスロイスのオープンカーをJeffが運転して、バックシートではトップレスのガングロっ娘とキースが踊ってて、前のシートにもなだれ込んできたんで、危うくバス停に乗り上げそうになったとか。
キースって、まともに生活することのできない、不幸な人だったんじゃないかと言ってました。
でも、Jeffも含めて、みんなに愛されてた。

私の英語力じゃ、わかんない部分続出なんで、たぶん、こんな内容かな?ってことです(汗)
ほかに、Beck's Boleroの録音時のエピソードも語ってました。この曲の途中に入ってる叫び声はキースのなんですけど、そのときマイクロホンを叩き壊しちゃったんで、これ以降はシンバルの音しか入ってないとか。
そのときのメンバーは、Jeff、ジミー・ペイジ、ジョン・ポール・ジョーンズ、ニッキー・ホプキンス、キース・ムーンだったそうで、本当はそのメンバーでできればバンドをやりたかったらしい。
結局キースはWhoに戻って、ジミーとジョン・ポール・ジョーンズはレッド・ツェッペリン、Jeffはジェフ・ベック・グループを作るわけですね。ニッキー・ホプキンスはジェフ・ベック・グループに参加したし。

このインタビューのエピソードが映画にも使われたら、面白いのになー。キースはほかにも、はちゃめちゃなエピソードに事欠かないけど。

Posted on 2005/10/03 Mon. 11:53 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

03

リンク追加♪ 

お気に入りなblog、サイト様をリンクにどどーんと追加しました。
Jeff関連もたくさんあるよ。
敬称略で失礼しますです。

Posted on 2005/10/02 Sun. 22:07 [edit]

category: 未分類

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

02

イモジェン・ヒープ 

You Had It Coming
Jeff Beck
B000051YBE

このアルバムに入ってるRollin' and Tumblin'で歌ってるのが、イモジェン・ヒープ。
こちら↓彼女のアルバム。
B0009YA3CCSpeak for Yourself
Imogen Heap

曲名リスト
1. Headlock
2. Goodnight & Go
3. Have You Got It In You?
4. Loose Ends
5. Hide & Seek
6. Clear
7. The Area
8. Daylight Robbery
9. The Walk
10. Just For Now
11. I Am In Love With You
12. Closing In
13. The Moment I Said It

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イモジェンでほんとに発音いいのかな?と思ってたけど、この間ヒュー・グラントのアバウト・ア・ボーイって映画見てたら、ヒューの妹の子の名前がイモジェンだったんで、多分イモジェンで良いんでしょう。
んで、彼女、Jeffのお誕生日ライブにも出てましたが、ひらひらしてて、なんだか妖精みたいな服着てて可愛かったです。
今アメリカでいろんな人とのジョイントツアーしてるらしい。
彼女の曲、Goodnight and Goで、Jeffがギター弾いてます。Rollin' and Tumblin'のお返しということらしいです。
ギンギン弾きまくってる感じじゃないけど、浮遊感のある音が結構好き。
ここでGoodnight and Goとほか三曲、最初から最後まで聞けますよ~♪
なんか、ふわぁ~っとした不思議系の、独特の世界がある人ですよ、彼女。気持ちいいです^^
彼女のHPのデザインもナチュラルな感じ。彼女が書いてるブログもあって、とっても女の子してて可愛いです。こっちではビデオクリップも見れます。
そういえば、Jeffは、不思議系美女のケイト・ブッシュのアルバムでも1曲弾いてました。
レッド・シューズ
ケイト・ブッシュ
B00005GKKJ

Jeffが不思議っ娘が好きってわけじゃないだろうけどさ。二人とも同系列な雰囲気ね。
そういえば、シンディ・ローパーも、違った意味で不思議っ娘だよな。

ところで、追記形式にしてみたんだけど、やっぱり戻すことにしました。
いちいちクリックが面倒だなと思ったので。

Posted on 2005/10/02 Sun. 00:22 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

02

yahoo US 

Jeff関連の海外のYahooのグループに入ってみたんですが。
-- 続きを読む --

Posted on 2005/10/01 Sat. 07:20 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。