07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WHERE WERE YOU

Jeff Beck氏への愛と妄想と妄言しかありません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

また買っちゃった; 

B000A9QKMILes Paul and Friends
Les Paul
Capitol 2005-08-30

by G-Tools

レス・ポールおじいちゃんの90歳記念トリビュートアルバム。
Jeffの参加は1曲だけだけど、それでもいーんだー。
輸入盤だけど、また買っちゃった;
日本版のほうが本とはいいなと思ったんだけど、セキュアCDなんだもの;
そんなのヤダ。
最近はいろいろと面倒だね;
スポンサーサイト

Posted on 2005/08/31 Wed. 10:44 [edit]

category: 音楽

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 1    CM: 2

31

ミュージカルバトンもらいました♪ 

Gentle heartのMiki様から、ミュージカル・バトンを回してもらっちゃいました♪
楽しそうなので、やってみようと思います^^
Mikiさん、ありがと~~~。

☆Total volume of music files on my computer(コンピュータに入っている音楽ファイルの容量)
大体7GBくらい
家族の分も含まれてるので、純粋に自分関連だけだとこの4分の1くらいかな。
一度家族が、持ってるCDのオールmp3化をしたので、以前はもっと膨大な量でした;
さすがに大変なことになったんで、CD-Rに落としちゃいましたから、今は少しなんです。
今パソに入ってるので、自分で入れた覚えのある曲だと、266曲です。
CDをドライブに入れて聴くことのほうが多いのであんまりパソには入れてません。

☆Song playing right now(今、聴いている曲)
今、現在ですか?(笑)
DOUBLE TALIN' BABY/JEFF BECK & THE BIG TOWN PLAYBOYS
B00000292ACrazy Legs
Jeff Beck & Big Town Playboys
Sony 1993-06-29

by G-Tools

です~。
ロカビリ~っすよ♪マニアックよね。
ロカビリーって、嫌いじゃないんです。ブライアン・セッツァーとか
B000065EG9BEST OF THE BIG BAND
ザ・ブライアン・セッツァー・オーケストラ
トイズファクトリー 2002-05-22

by G-Tools

ストレイ・キャッツとか、
B00000634BThe Best of the Stray Cats
The Stray Cats
EMI-Capitol Special Markets 1998-10-20

by G-Tools

かっこいいと思いません?
イチローの出てた、ペプシのコマーシャルの曲、ブライアン・セッツァーなんですよね。ほら、♪イチロー ナンバーフィフティワン って歌いだしで、イチローのあのポーズを外人の皆さんが大勢で真似するダンスのやつです。

☆The last CD I bought(最後に買った CD)
CRAZY LEGS/JEFF BECK & THE BIG TOWN PLAYBOYS
さっき、ヤフオクで落としたのが届いたので♪

☆Five songs(tunes) I listen to a lot,or that mean a lot to me(よく聴く、または特別な思い入れのある 5 曲)
う~ん、記憶力が無いので、思い入れのある曲って、むずかし・・・。
ひとつのことに夢中になると、それまでのことが吹っ飛ぶからなぁ。
1.WHERE WERE YOU/JEFF BECK
B0000026KQGuitar Shop
Jeff Beck
Sony 1989-09-12

by G-Tools

最近ずっと、夜mp3プレーヤーで音楽を聴きながらウォーキングしてます。
この曲は、ウォーキングの最後に、ベンチっつーか自宅前においてある車止めの石に座って星を見上げながら聞くのが好きです。
クリーンなトーンの美曲。

2.KISS ME/SIX PENCE NONE THE RICHER
B00061QVDIベスト・オブ・シックス・ペンス・ノン・ザ・リッチャー
シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー
ワーナーミュージック・ジャパン 2004-12-01

by G-Tools

ちょっと前から良く聴いてる曲。ハードな曲を聴いてて疲れたときによく聞きます。癒し系~。
最近ケータイのコマーシャルでも流れてますね。あのコマーシャルは、「音楽はともかく、地味で何が言いたいのか良く分からん」ということで、うちの家族には不評です^^;

3.THE KICK INSIDE/KATE BUSH
B000006U44The Kick Inside
Kate Bush
Capitol 1990-10-25

by G-Tools

ケイト・ブッシュのデビューアルバムです。
子供のころ、番組名は忘れましたが、夜11時台の音楽番組で、セイコーのスポンサーのがあって、それを良く見てました。そのときのコマーシャルで、ケイトがこの曲にあわせて踊ってたんです。出だしが、ROLLING THE BALL, ROLLING THE BALL・・・という歌詞で、確かボールを転がしながらパントマイム風に踊ってたと思う。
とにかくケイトがきれいで高い声も曲も不思議で。大好きなコマーシャルでした。
ちなみに私が持ってるアルバムのジャケ写は、これじゃなく、もっとアップで美人なのでした♪
アルバム中の曲は全部好きで、特にTHE KICK INSIDE、嵐が丘、MOVING、THE MAN WITH CHILD IN HIS EYES、KITEがお気に入り。
今でもよく聴くアルバム。

4.I'LL BE THERE FOR YOU/BON JOVI
B00000I07QNew Jersey
Bon Jovi
Mercury / Universal 1999-02-09

by G-Tools

この曲じゃなくても、BON JOVIだったら何でも良いんだけど。
友人と、そのころ付き合ってた5歳年上のK氏と一緒にBON JOVIのコンサートに行きました。
K氏も私らもコンサートでは立ち上がり、腕を突き上げ、一緒になって歌いました。あとで友人に「あんた、K氏って大人だって言ってたけど、ぜんぜん子供じゃん」と言われてしまった・・・。
化けの皮がはがれたK氏は、今、家族やってます。

5.STAR CYCLE/JEFF BECK
B0000025EYThere & Back
Jeff Beck
Sony 1990-10-25

by G-Tools

最後はやっぱり、JEFFで♪
このアルバム、一般的にはあんまり高く評価されてないみたいですけど、なんでなのかな。
このアルバムが、JEFFを好きになってから初めてリリースを待って買ったアルバムであり、このときに初めてJEFFのコンサートに行って、初めて生JEFFを見ました。
見たといっても、背の小さい私は、総立ちの男どものなかで必死に首を伸ばして、ようやくJEFFの頭のアホ毛が見えたっきりでしたけどね。そうじゃなきゃ、男どもの林の間から、JEFFのきれっぱしを見るか;
それでも、ホールの隅から隅までびちっと満たされたギターの音、内出血がするまで拍手したこと、忘れられません。
もちろん、出待ちもしましたとも!
ただ、ビンボー小娘はカメラも持ってなかったんで、おぼろげな記憶しか残ってないですけど。身長のせいで、そのときもチラッとしか見えなかったしTT
曲は、いまだにライブで演奏される名作、STAR CYCLEを選んでみました。ステンレススチールの原野を超スピードで駆け抜けるような快感♪これ以外にも、YOU NEVER KNOWも、この間のライブでも演奏されてます。
でも、どの曲も擦り切れるまで聴いた、好きな曲ばかり。このアルバムの曲を聴くと、アルファ波出まくりで、すっごく落ち着きます^^

☆Five people to whom I'm passing the baton(バトンを渡す 5 名)
なんせ、ネット友達があまりいないので;
このブログは、今までやってきたことからすごい方向転換してるし;
もし良かったら、バトン受け取ってください。
嫌だったら、無視してくださいね。
バトンをお渡しする5人は
鎌倉のここさん
ちょこたさん
himacchiさん
ゆんちゃん
柏の寿司丸さん
皆さん、お久しぶりです。ご無沙汰ばっかりで申し訳ない><

Posted on 2005/08/30 Tue. 09:23 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 1    CM: 9

30

ひとつ忘れてました 

Jeffのボーカルなんですけど、リードボーカルじゃないけど、Truthの2曲目、Let Me Love Youで、ロッドのボーカルの合間に吼えてるのは、Jeffだと思います。
B00004U2G4Truth
Jeff Beck
Epic 2000-07-04

by G-Tools

ちょうどその部分が試聴で聞けるよ↑

違う・・・・?でしょ?
で、ヤードバーズ時代のJeff's Boogieで、なんか声入ってるんですけどたぶんこれもJeffだろね~。

Posted on 2005/08/30 Tue. 00:58 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

30

Jeff いぢめ♪Ψ( ̄∀ ̄)Ψ 

ご存知の方も多いと思いますが、Jeffはたまに歌いますが、はっきり言ってへたっぴ。
本人もその辺は良く分かってるようで、歌うのは苦手なようです。
中には、Jeffの大っ嫌いな曲もありますね~♪
ちょっといぢわるして、そんなJeff君をいぢめてみましょ~。うふふ。
というわけで、試聴で聞けるJeffのボーカル集!行ってみたいと思います!!ああ、歪んだ愛☆

まずはヤードバーズ以前。
BECKOLOGYから。
3曲目のWandering Man Blues
一番古いJeffのボーカルの録音なんだとか。いまいち音が悪くて、ボーカルの良し悪しは良くわかんない。

16曲目のNazz Are Blue
一生懸命なのは分かるけどねー^^;キーが高すぎて苦しそう。若気の至りなはじけた歌いっぷりがなんともいえません。

17曲目の Psycho Daisies
こちらはキーも低くて割と歌いやすそう。まあまあかな。これって、ジョニー・ビー・グッドっぽいなぁ。

20曲目、Sun Is Shining (Live)
ラ、ライブですか・・・;りきんでます(笑)でも、がんばったんだねJeff。
ヤードバーズのころは、バックボーカルにはよく参加してるみたいでした。

次は、第一期ジェフ・ベック・グループの。同じBECKOLOGYから聞いてみて。
23曲目 Hi-Ho Silver Lining
24曲目 Tallyman
両方とも、当時のプロデューサに無理やりボーカルをやらされた曲。Hi-Hoのほうは結構ヒットしてしまったので、イギリスではこの曲のみの一発ヒット屋であるという認識の人も多いそうで、なんとも気の毒;
この時の本当のリードボーカルはロッド・スチュワートで、まだ無名ではあったけど、それでもロッドとの歌唱力の差は歴然としてたから、さぞかし二人とも嫌だったろうね^^;
2曲とも、B面(25 Beck's Bolero、28 Rock My Plimsoul)がどえらい良いの♪

次はベック・ボガード・アピス(BBA)のときの。BBAではこれだけなんじゃなかったかな?
37曲目Black Cat Moan (Live)
試聴だと、出だしのトーキングモジュレータだけで終わってますが、これは歌ってるうちに入らないよね;結構楽しそうに歌ってます。
BBAの場合、3人とも歌唱力はどっこいどっこい(でもやっぱりJeffがどべ)だったから、気が楽だったのかもね。

で、ず~っと歌ってなくて、次は、アルバム「Flash」で2曲歌ってます。
6曲目 Get Workin
8曲目 Night After Night
無理せず安心して歌っているような感じだけど、まあ、ぱっとしませんな。
これが今のところ最後のボーカルとしてのレコーディング。
本人によれば、「今後歌う予定は無い」そうです。
ほかにも、ZZトップのアルバムにちょっとだけ声のみ入ってるという摩訶不思議なのもあるそうな(笑)

こうやって聞いてみると、歌は全然進歩してないね。
クラプトンに昔、「歌ってるうちにそのうち上手くなるから歌ったら良いよ」って言われたらしいですが、やっぱり歌い続けてれば、もうちょっと進歩したんじゃないかと思います。ちょっと残念。
でも、声質がやっぱり、歌向きではないけどね。

というわけで、苦手なボーカル曲を集めてJeff君をいぢめよう会は終わり。
もっとおちょくろうかなと思ったんだけど、やっぱ愛が邪魔してしまった。

あ、そうそう、BECKOLOGYの一番最後の曲、Where Were Youです。
良かったら聞いてみて~。うちのテーマ曲だよん♪ぜんぜん似合わないけど。

Posted on 2005/08/29 Mon. 07:21 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

29

自分的音楽遍歴(JB関連) 

まず最初、幼きころ、NHKで放送されたロッド・スチュワートのライブを見て、漠然と、ロッドって良いらしいと思って。
音楽雑誌見て、そのうちに「スーパースターはブロンドがお好き」が出て、大ヒット、レコード買うし、コンサートに行くしで、しばらくはロッド一色だったなー。
Blondes Have More Fun
Rod Stewart
B00004Y6O4

んで。
なんかロックの歴史をまとめたみたいな本のロッドの項目で、ロッドが昔JBのバンドにいて、JBのベストアルバムがあるって知って。ジャケ写真に一目ぼれしたのでした。
ベスト・オブ・ジェフ・ベック
東芝EMI
ジェフ・ベック(アーティスト)
発送:近日発売 予約可
Disc 1
  1. ハイ・ホー・シルバー・ライニング
  2. タリーマン
  3. 恋は水色
  4. ライス・プディング
  5. ロック・マイ・プリムソウル(ステレオ・ヴァージョン)
  6. アイヴ・ビーン・ドリンキング
  7. シェイプス・オブ・シングス
  8. 迷信嫌い
  9. プリンス
  10. ベックス・ボレロ(ステレオ・ヴァージョン)

だから、最初は見た目からだったんだから、アイドルを好きになるようなもんだったわけね。
とにかく、その写真が気になって気になって、レコード屋さんで手に入れるわけですが。
聞いてみてぶっとび。
そのころの自分にはなんじゃこりゃな世界でした(これはJBの曲を聴き続けてるとしょっちゅう出会う感情)。
もともと古い曲を聴くのが好きで、50年代のポップスは平気だったんだけど、ぜんぜん違った。
すごく重くて、ロッドの歌も、何コレ~ってな感じに重苦しくて。そうかと思えば、ほにゃららしたJBの歌とか恋は水色(ポール・モーリア)とか、とにかくごたまぜ。

ところで「スーパースターはブロンドがお好き」のとき、ロッドがロックじゃなくなったって巷で言われてたんですけど、そのころの私にはよくわかんなかった。私にとっては、そのアルバムのロッドでも十分ロックだったわけです。それが、第1期Jeff Beck Groupの、すんごいヘビーなのを聞いたわけで、そりゃもう衝撃だった。
最初は耳が拒否してたんだけど、聞いてるうちにだんだん良くなってきました。でも、好きになるのに時間がかかったな。

なんか変なんだけど、好きじゃない曲なのに、JBが良いと思ってやってる音楽なんだから、好きになったる!という気合で聞いてたような;
これも、アイドル好きになって、へたっぴな歌も一生懸命聴いて良いぞー!って自己暗示かけてしまうのと似てたかもしれない。
でもやっぱ、ほにゃらら系は好かんかったけど(そのわりにHi-Hoが全部歌えたりする)、重いほうは気に入りました。
コレがブルースっぽいものを聞いた最初だったんだと思う。
何とかのブルースって、昔の歌謡曲にはよくあって、親父が好きでカーステレオでよく聞かされましたが、あんまり好きじゃなかったの。
なんか、日本の歌謡曲のブルースは、やっぱりブルースとは別物だと思うし。青江美奈とかああいうのですよ。
そのころ、そのアルバムのがブルースロックだとはぜんぜん分かってなかったんだけど、とにかくブリティッシュロックはほとんどがルーツはブルースだから、耳に慣れてしまったのね。
その後、フュージョン寄りになったBlow By Blowを聞き、ますます好きになり、そのころにはロッドには見切りをつけてしまった。
いまだに、Blondes Have More Fun以降のアルバムは持ってないです。フェィセズ以降~このアルバムまではあるんだけどね。
B00005AREQBlow by Blow
Jeff Beck
Epic Records 2001-03-27

by G-Tools

ワイアードも買いました。ライブも買ったような。
B00005AREPWired
Jeff Beck
Epic Records 2001-03-27

by G-Tools

B00000258ILive With the Jan Hammer Group
Jeff Beck
Sony 1991-09-03

by G-Tools

で、ちょっくら古いのも聞いてみようと(いや、実はヤードバーズのころの若いJBがかわいかったからというまたアイドルオタな理由のほうが真実)、ヤードバーズを買ってみました。
B000002MTTRoger the Engineer
The Yardbirds
Warner Bros. 1997-11-11

by G-Tools

B00000765TOver, Under, Sideways, Down
The Yardbirds
Raven 1999-06-08

by G-Tools

Roger the Engineerのほうはこのまんまので、もう一枚はこれじゃないけど、ジャケットにメンバーの写真のあるやつ。
強烈に、何じゃこりゃ、でした(笑)
ヤードバーズは、ブルースしてるみたいなんだけど、黒人音楽のブルースよりはなんつーか、ずっとアップテンポでせかせかしてて、あの黒人音楽特有の丸っこさが無くて、不器用な、とんがってて、よく分からない勢いがありました。
後で知ったけど、違和感のあったみょ~なギターのフレーズ(Over Under Sideways Down)は、JBの手によるものでしたわ(汗)
で、ヤードバーズも、よく聞いたらいいと思えるかもと、一生懸命聞きましたね。こんなもん、一体どこが良いんだ、もう聞きたくない!なんて思ったこともしばしばでしたが。
それって、でも良かった。
黒人のおっちゃんたちがやってる、とっても土着~な感じのミシシッピの泥のにおいがしてくるようなブルースでも抵抗無く聞けるし(かえって懐かしさを感じる)、良いと思えるし、なんかリラックスできるのは、そのとき鍛えた(笑)からだと思うから。あ、どちらかといえば、ヤードバーズより、第一期ジェフ・ベックグループで鍛えられたのかもしれないけどね。
かえって、ほんまもんの黒人ブルースのほうが、白人ブルースより聴きやすいね。
白人ブルースはやっぱりちょっと不器用な気がする。でも、そこが良いんだけど。
みうらじゅんだったかが、すぐ好きになる曲(アーチスト)より、好きになるのに時間がかかった曲(アーチスト)のほうが、ものすごく好きになるんだよね、といったことを言ってましたが、激しく同意です。
流行する曲のほとんどは、すぐ好きになれる要素が多いからヒットするんだよね。でも、だからこそ、すぐ飽きられて、また次の曲がヒットするわけだ。

以上、人様にはどうでもいい自分音楽遍歴初期編抜粋ですた。

Posted on 2005/08/28 Sun. 08:25 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 2    CM: 0

28

レンタルしますた 

ロジャー・ウォーターズのやつなんですが、結局レンタルしました。
レンタル屋さんにあったんですよー、はー驚き。
そのうえ、DVDコーナーにシークレットポリスマンズもボン・ジョビのPV集もあったんだー♪
ボン・ジョビは、ミラクルでPVにもJeffが出てるからね~、えへへ。
音楽DVDがあれだけ並んでる店はこんな田舎では珍しい。
でもさすがに?SRVのは無かった。リクエストしたら入れてくれるかも。誰も借りないかな;
むしろ、全国相手のTUTAYAディスカスにリクエストしたほうが確率が高いかもね。
あと、プリテンダーズのも意外に無かった。Jeff抜きでも、プリテンダーズ好きなんで借りたかったのに。

「Jeff」も、レンタルになってたのが国内盤だったので、借りてボーナストラックだけいただきました。うにゃ~ん、スライドだにょ~~~ん。
クレイジーレッグスはヤフオクで手に入りそう。結構Jeff関連にはお金に糸目をつけてませんが、やっぱ今月使いすぎだし、節約せねば・・・。

んで、ロジャー・ウォーターズのなんですが、なんかすごく聴くのに覚悟がいりそう;
家族曰く「だってあいつ、気色悪いからヤダ」だそうで。ピンクフロイド持ってるくせに。

シークレットポリスマンズ・ベストライブは、まだ全部見てませんがスティングが良さそう。
これではJeffとクラプトンの競演が見たかったんですが、ちょっと当てが外れたかな。
クラプトンの曲のほうでは、仲良さげに絡んでて、楽しいんですけど、、JeffのCause We've Ended As Loversのほうじゃ、クラプトンは立ってるだけで参加してないような^^;
もっと、Jeffの曲のほうでも、SRVとのセッションみたいに、絡んで楽しくやってるところを見たかったな。
ん~、でもあの曲じゃ、絡むのは無理か。
つーか、Jeffのほうが、「これは全部俺がやる!」ってな状況だったのかも。
テレキャスで弾いてるんだけど、良いねー。この間の公演では、テレキャスも持ってきてたのに、結局この曲もストラトで弾いちゃいましたよね。
なんとなく、テレキャスのほうが好きです。
バックが多分Jeffのほうのメンバー(ドラムはサイモン・フィリップスだよね?)だからか、クラプトンはなんか遠慮してるような感じもしました。クラプトンの曲においてさえ、Jeffのプレイのほうが際立って聞こえたり。遠慮してないね、Jeffは。
前に、レス・ポールとのセッションのビデオ見てて、家族が、「Jeff遠慮無さすぎ、爺さんを立てなきゃいかんじゃないか!」などと言っておりました。確かにね;
だけどね、レス・ポールはね、自分とプレイするときに遠慮されるのは嫌だって言ってるんですよ。だから、あれで良いの。

話がずれた。
インタービューとかで、クラプトンはJeffのことを褒めるけど、Jeffはクラプトンに対して否定的な言い方をしてることもありますよね。負け犬の遠吠えって取られるかもしれないのに。
なんとなくクラプトンはJeffに対してある種の引け目を感じてるようなふうに感じることがあります。それか、苦手なのかしらん?
まあ、二人ともずいぶん性格違いそうだけどね。
それにしても、ぜんぜん服装に気を使ってないねJeffは。お隣の兄ちゃんみたいな、着古したようなストライプのシャツでステージに立ってるんだもの;

Posted on 2005/08/27 Sat. 09:11 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 1    CM: 0

27

欲しいぞ! 

7月のコンサート終わってから、Jeffのアルバムのおさらい聞きをずっとしてきたんですけど、結構持ってないアルバムがあったりします。
私がちょっとJeffから目を離してた間にも、家族がJeffを買い続けてくれてたおかげでわりとあるんですが、「Jeff」が日本版じゃないんでボーナストラックが無かったり、「クレイジーレッグス」は無かったり。
「ギター・ショップ」なんか、あの妙なギター工場の絵じゃなく、クラフト紙と麻縄でくくったようなデザインのだったりします。こっちの方が好きだな。

で、今気になってるのが、「クレイジーレッグス」。
クレイジー・レッグス

最初はえ~、ロカビリー?って思ったけど、全然聞いた事がないので、凄く興味がある。
Jeffはスリリングで奔放なところが大好きではあるのですが、ブルースとかやってるときの、リラックスした楽しげなプレイも好きなんで。
もともとロカビリーのギターが彼のルーツでもあるわけなので、これをやってるときに、彼は絶対楽しかったはず。
聞いた話では、いつものJeffらしさはまったく無いアルバムだそうだけど。

それと、リマスタリングのシリーズ?
フラッシュまでは、LPなんですよね、持ってるのが。
これはおまけトラックもあるみたいだし、できたらボックスセットで欲しいなぁ。去年の暮れぐらいに出た奴だから、ちょっと難しいか。
だけど、ブルースシリーズのDVDのボックスセット23000円の予約しちゃったし、シークレットポリスマンズのDVDも予約してるし、レスポールの90歳記念のCDも欲しいし・・・お金が・・・・><
ああ~!でもおまけ音源聞きたいぞ!おまけボックスも欲しかったりするぞ!

そいから、ロジャー・ウォーターズのAmused To Death!
Amused to Death

とあるステージで、ロジャー・ウォーターズがゲストで出てて、何曲かやってるのがありますが、Jeffが凄い楽しそうだったの。なんというか、好きなように弾いてる感じで。
曲自体は、ちょっと聴くのに忍耐が要るようなのだったけど、Jeffの所だけは鋭くって、良さげ。レンタル屋さんにあるような気もしないしね;
これも凄く欲しいのだ~。

ええ~い買っちゃえ~~~~!

Posted on 2005/08/26 Fri. 00:50 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 2

26

Jeff Beck Session Works 

ワタクシ、このブログではJeffがどーしたとか、可愛かったとか、そんな事ばっかり書いてますが、基本的にはやっぱりギタープレイが好きなわけでして。
Jeffは、けっこうセッションのもありますよね。
タダでさえあんまり作品数が無いのに、ファンは次のCDまでのなが~い待ち時間をじりじりして過ごさねばならないわけで。
そうなると、セッションでも何でもいいから、音をくれ~!!という禁断症状に陥ります。
でもさー、なに考えてんだか、全然考えてなかったのか、セッション参加ってジャンル広いし数も結構多いし、アルバムにほんのちょっと参加してるくらいだと、やっぱし買うのはなー。
そういう、煮え切らない人(自分っす)にちょうど良かったのが、JEFF BECK SESSION WORKS
曲目は
1.CALL A WAVE
2.HOUSE OF THE BLUE DANUBE---マルコム・マクラーレン
3.BAD STUFF
4.JEFF'S ONE
5.I DON'T WANT NOTHING(TO CHANGE)---UPP
6.BACK WHERE I STARTED
7.ANOTHER WASTED DAY---ボックス・オブ・フロッグス
8.BARABAJAGAL---ドノヴァン
9.JOURNEY TO LOVE
10. HELLO JEFF
11. JAMAICAN BOY---スタンリー・クラーク
12. LOVEIS THE LIGHT
13. WINNER TAKES IT ALL---ビヴァリー・クレイヴェン
14. THE STUMBLE
15. I'D DIE FOR THIS DANCE
16. THE TRAIN KEPT A ROLLIN'---映画ツインズ サントラ
となってます。
ちなみに、マルコム・マクラーレンは、あの、パンク・ムーブメントのマルコムです(笑)不思議な取り合わせね。
個人的には、UPPのがリラックスできて好きかな。
ツインズは、チラッとご本人も出てましたね。テリー・ボジオもトニー・ハイマスも一瞬映ってた。そのシーンのためだけに、DVD借りましたとも!
曲は、リラックスして楽しげ。15曲目は映画のシーンで使われたやつですね。他のは流れてたかな?ちょっと今覚えてないけど。
16曲目はおなじみのですけど、このバージョンもやっぱしかっこいいです^^
それにしても、誰とセッションしても、やっぱJeffはJeffだな~。

Posted on 2005/08/25 Thu. 17:10 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

25

blog 

ときどき暇があると、Jeff関連のブログとかいろいろ見てみるんですが、みなさん、文章達者ですねー。達者というか、言いたいことがちゃんとこっちに伝わってくる文章を良く見かけます。
一方自分はといえば、うすっぺら^^;
ミーハーですから。と開き直ってみたりしますが、できれば、もっとハートに届くような良い文章が書けたら良いな・・・・。
昔は傲慢にあたしゃ文章がうまい!なんて思ってたこともありましたが、今は多少現実が見えるようになったんで、はぁ、恥ずかしいやつだったなと。ああ、寒い。
まあ、それでも書いているうちにはちょっとはマシな文が書けるようになるかもしれないので、続けてみるつもり。
で、ひとつだけ自分に課していることは、このブログではJeffのことを必ず書くということです、ハイ。

で!
何べんも書いてますが、例のBBCのジュールス・ホランドの番組で、演奏シーンだけじゃなく、例の鬼太郎ルックで、ピアノの前に座ってのインタビューもありまして。
やっぱ、ちょっと気弱げに、時々うつむいてぼそぼそしゃべってました*^^*
日本語字幕無しなんで、まだ何をしゃべってるのか理解できるのは1割以下なんですけどね;
ただ、ハイ・ホー・シルバー・ライニングの話題のときに、「もう絶対に歌わない」と、うんざりした表情でしゃべっておいて、直後にちょっと歌っちゃうのが可愛い。
自分でしゃべったことに自分で受けて笑ってるのも、不器用な雰囲気。
若いころは、冷酷な性格でバンドのメンバーの首を切ってばかりいたなんて書かれてることもあるけど、本当は、内気で口下手なあまり、うまく自分のやりたいことをメンバーに伝えられなくて、自分から孤立してしまって、ということだったらしいそうです。
やっぱり不器用。
あ~、だめだ、やっぱり存在全体が愛しいわ。
妄言出ちゃった。

Posted on 2005/08/24 Wed. 08:50 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 2

24

新譜いろいろ 

今朝目覚ましTV見てたら、ストーンズのツアーの初日映像が流れてました♪
ミック、すごいわ。相変わらず、元気いっぱいだ。
ニューアルバム出る前にツアー開始なんだね。なんか不思議。
今回、政治的なメッセージ色の強い曲もあるとか、新聞に載ってたのもちょっと驚いた。

トロと旅するで、久しぶりにケイト・ブッシュの声を聞きました。
この方も、10月に新譜が出るのだと、家族が言ってましたが、ほんと?10年ぶりなんだって。そうなら、楽しみ~。
クラプトンの新譜、家族はクラプトン嫌いなんだけど、なんとか、聞きたいな。シングルヒットでもしてくれれば耳に入るチャンスも増えるよね。
買うのは・・・・・う~ん、聞いてから決めよう。

で、Jeffは、レス・ポールの90歳記念アルバムに参加してるらしいので、まずそれが9月くらいに出るんだったよね。
んで、次のアルバムのデモはもうできてるし、年末から2月ぐらいには出せるとか言ってましたが。なんとか!出してね~♪

Posted on 2005/08/23 Tue. 17:45 [edit]

category: 音楽

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

23

Buddy Guy&Jeff Beck 

今日は親切な友人その1が「Jeff Beckさんって、どんな人?」って聞いてくれたので、いろいろ語れて楽しかった^^
友人その2は、「何でmeimeiにそんなこと聞いてるの?」などと、言っておりましたが(ムカ)この子は自分が興味の無いことは、徹底して興味無いから。まあ、誰でもそんなもんだけど。
友人その2の「いや、どんな人なんかなーと思って」って、それだけの興味でも嬉しいよ。

それはともかくとして。
バディ・ガイとJeffのムスタング・サリーという曲のPVが手に入りました。どこかに書いてあったとおり、Jeffはゲストというには、出ずっぱりで、楽しいPVでしたわ。
で、バディ・ガイさんのCDとかを検索したんだけど、無いねー。
日本じゃほとんど人気が無いのかな?
結構ファンキーでかっこよかったけどなー。ラストのダイヤモンド入りの歯がキラリってのは勘弁して欲しかったけど;

あ、ファンキーってさ。今つかっちゃったけど、具体的にどういうのをファンキーというのでしょう?
なんとなく、黒人っぽい乗りのいいのをファンキーというのだと思ってきたんですけど、そうなんでしょか?違う????自信が無い・・・。

そういえばね、Jeffのインタビューも見れたんですけど、それが、自宅のガレージで溶接したりしてんの!
わんことじゃれてみたり、愛車に乗る時十字を切ってたり(カトリックなん?)♪遠くに見えるのはJeffの自宅なんだろね。
にやにや頬が緩みっぱなしでしたわ*^^*

Posted on 2005/08/22 Mon. 22:19 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

22

車大好き? 

Jeff Beck氏のカーマニアぶりは有名ですよね。
んで、何曲か車っぽい?曲があります。
私は別に車って大好きってわけじゃないけど、Jeffのそういう曲を聴くと結構気持ちよくて、運転中だとスピードアップしちゃったりします(だめじゃん)
カーマニアの男性は、車に対して母性を見ているとか、母性愛が足りなかったんでカーマニアになるとか、どっかで見たような気がしますが(信じないでください)。
母かどうかは別として、Jeffの車に対する愛情、好きなんだ、楽しいんだぜ!ってな気分が、それらの曲からは伝わってくるんですわ。
というわけで、車関係?で好きな曲たち。
Blow By Blow
Blow by Blow

このアルバムはどの曲もすごく好きなんですけど、8曲目のFreeway Jamが車っぽくて好き。
ライブで出だしの車のクラクションっぽい音をギターで出すとき、なんかいつも楽しげです。
HMVだと試聴できます。出だしは聞けないけど。
(あ、HMVだと安いなぁ。まだLPしか持ってないやつ、買おうかな。)
You Had It Coming
You Had It Coming

このばっちい手はご本人の車のオイルまみれの手なんだそう。最初見たとき、引いたぞー^^;
2曲めのRoy's Toyで聞けるエンジン音は、ホットロッドデザイナーのロイ・ブリジオの作ったロードスターのエンジンの音。こういう音って、なんかスカッとしますね~。
こっちの、ライブ・ベックのほうの試聴だと、最後のエンジン音が聞けるね。この試聴、音質悪い;
Jeff
Jeff

7曲目のHot Rod Honeymoonが楽しい。エンジン音も入ってるし、ビーチ・ボーイズじゃない、ビーチド・ボーイズのコーラスが入ってて、レトロな雰囲気が、ホット・ロッドは楽しいぜー!って感じ。
試聴はこちらでできます。
ところで、このアルバム、うちにあるのは輸入盤。
国内盤だとボーナストラックが2曲もついてくる。結構良いらしい。Jeffのスライド・・・・聞きたいじょ。
買おうか、レンタルしようか、迷い中・・・・。

Posted on 2005/08/20 Sat. 06:13 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

20

ザ・ブルース ムーヴィー・プロジェクト コンプリートDVD BOX 

ザ・ブルース ムーヴィー・プロジェクト コンプリートDVD-BOX
これ、再販されることになりました。
ばら売りもされてたんで、シリーズ中の「レッド、ホワイト&ブルース」はすでに持ってるんですけど・・・。
レッド、ホワイト & ブルース

特典の8枚目のボーナスディスクが欲しくて!!
すごい高いんで迷ったけど・・・・、とうとう予約してしまいました。
だって、ライブ映像がぎっちりなんだもの。
28曲のなかで、4曲もJeffのがあるの♪
1曲はNadiaなんだけど、これ、ひょっとしたらPVかな?
違うライブだといいんだけど、あのブルースミュージシャンをバックにNadiaなんて無理だろうから、やっぱPVかなぁ。それだとちょっとがっくり。
でも、レッド、ホワイト&ブルースのなかでのセッションは結構画像がかぶったりして、ちゃんと1曲見れるのはほとんど無いので、楽しみです~。
なんとか、¥27,930(税込)のを¥23,000くらいで予約できたんで、まあ良かったかな。
でもやっぱり高い・・・。

昨日書いた、レイターでのショウについてのJeff Beck Webpageの記事のなかで、出演者席で手を上げて歓声にこたえてるJeffの隣で、Jeffを指差してる金髪の女性、文中でたしか、"his lady"と書かれてました。
今Jeff Beck Webpageがつながらない(時々つながらないんだよね)ので、ちょっと確認できないんだけど、確かそう書いてあったと思う。
このショウは2002年暮れの年越し番組だったと思うけど、彼女は今年のなんかの授賞式のときもJeffと一緒に来てるんで、つまり彼女がステディなガールフレンド、もしくは奥さんだよねー。
なんか親子ぐらい年が離れてる感じ?美人じゃん。良かったねぇJeff。

あ、そういえば今週のBSのビートルズソロ特集、3夜目のジョージとリンゴのはちゃんと見ました。
なぜかちゃんとヒットしたときに聞いた覚えのある曲ばっかりだったんで楽しめました。

Posted on 2005/08/19 Fri. 09:11 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 2

19

Drown In My Own Tearsって 

Drown In My Own Tearsって、レイ・チャールズの曲なんですね。
なるほど。

Posted on 2005/08/18 Thu. 11:12 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

18

Jeff Beck関連のリンク 

Jeff Beck関連の海外サイトです。
とにかく英語なんで、読んでも半分も分かんないんですけどね;

Jeff Beck.com
公式ページ。ツアーのページに今回の来日公演についてのDiaryがあります。チャリティー用のギターにつけるプレートを自宅ガレージで自作している写真も♪

Jeff Beck Epic HP
所属レコード会社の公式HP。試聴とかニュース。BBSが面白いです。世界中にちゃんとファンはいるんだなって、嬉しくなります。

非公式
Jeff Beck Webpage
公式HPにもリンクされてるサイト。ファンはみんなチェックしてますね。いろいろ詳しくて、ファン魂を感じる素敵なとこです♪

日本にも凄く素敵なサイトがたくさんありますが、また今度♪

で、Jeff Beck Webpageを読んでたら、レイターというイギリスBBCの番組のことについて書いてあって、そこに書いてあるシーンをDVDで持ってたんで、思わずヘッドホンして夜中まで繰り返し見ちゃいました。
それを家族に見つかり、「こんな夜中まで何をやってるんだー?」と冷たい目で見られてしまった・・・(汗)
いや、エロビデオを見てたわけじゃないんだけど・・・。でも感覚としては一緒かも^^;

そのレイターのショウで、司会のジュールズ・ホランドのピアノで、Drown In My Own Tearsという曲を演奏してます。
演奏前にジュールズが「伝説の」とかくっつけてJeffを紹介してるんだけど、頭掻いてました。
これ、まんなかがどんどん奔放に展開していくのが凄くいい。この曲の元を知らないけど、多分ありえない感じになっちゃってるのではないかな。
で、Jeffは弾き終えると、まだバックの演奏が終わりきらないうちに、さっさとギターを置いてしまって、出演者用のテーブルへ戻っちゃうんですよ。たいていの人は、曲が終わってからも、どもどもって感じで拍手に答えるじゃないですか。
それしないで、あ~終わった終わったって感じですたすたと^^
で、ジュールズが困惑した顔で、座っちゃってるJeffを紹介しなおしてるのが可笑しいの。
結構Jeffは、こういうそっけないことしますよね。

Posted on 2005/08/18 Thu. 10:56 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

18

写真~~♪ 

すごくたくさん写真のあるサイトがありました。
WireImage
film magic
メンバーになれば大きい写真をダウンロードできるみたいなんだけど、たぶん有料。でも、お値段が書いてあるところがまだ見つからない。
無料ってことは、まず無いだろうけど。
小さい写真でも、見れるのはうれしいけどね^^
なんせ、露出やニュースの少ない人ですから。

ところで、A Jeff Beck Webpageをつらつら読んでたら、7月23日にspecial eventがあったそうで、ジミー・ペイジやサー・ポール・マッカートニー、ジェニファー・バトンとかいろんな人たちが招待されてて、いろいろJamったそうです。
ポール・マッカートニーとも親交があったんですね、ちょっと意外。
で、このイベントって、Jeff Beck Fan様のBBSによれば、どうやら結婚式かそれっぽいものだったみたいです。
再婚したらしいってうわさはあったけど、え~?先月?
多分ここ数年くらいは同棲してたんだろね。一応いつでもガールフレンドはいたみたいだし。
多分、BBCのショーやグラミーにも一緒に来てた金髪の女性。
二世期待♪
なんか、結婚して落ち着いちゃったりしたら、音楽的にだめになるんじゃ、という意見もありそうだけど、私は、Jeffは不幸だったり満たされないことをエネルギーにして音楽するタイプじゃないと思うので、心配ないと思う。ハッピーなほうが、創作意欲の出るタイプじゃないかな?現に、最近すごい元気だし♪

ところで、昨日のBSのは、ポール・マッカートニーでしたね。
ビートルズは昔聴いてたといっても表面的にだったんで、お勉強のつもりで見ようと思ったんですが。
最初のほう、バンド・オン・ザ・ランとか、松村氏が「あんまり好きじゃないかもしれませんが」とか言ってましたが、はい、その曲は特にすばらしいとも思えないし、(まあバラードじゃないですけどね)好きじゃないです。今でも。
結局、ジェットの半ばで、意識を失い、今日から魔王で目が覚めた(笑)
うっとうしいくらい内向きなジョンと、ちょっとぽやんとしすぎなポールの二人で作ってこそ、バランスの取れたいい曲ができたんじゃないかな?
無知ゆえの暴言かもしれないけど、ずっとそういう印象を持ってます。
私は、同時代に生きたわけじゃないので、ビートルズに対してぜんぜん思い入れはありませんです。いい曲が多いグループだったんだなという印象があるのみ。
今夜は、ジョージとリンゴの二人だね。
ジョージは、パティがらみでクラプトンの話題もあるかな?

そういえばね、上に載せた写真のたくさんあるサイトで、オノ・ヨーコの写真があったんですけど、最初、ジョン・レノンと一緒に写ってるのかと思ったら、息子のショーンとのショットでした。
ショーン、ひげもじゃでジョンそっくり;
その風貌で外へ出れば、必ずジョンそっくりだと言われると思うけど、気にならないのかな?ショーンは、ほとんど父親のことを覚えてないそうだけど。
親が偉大だと子供は苦労する場合が多いみたいだけど、彼もジョンの影に苦悩してんのか、してないのか、その写真を見ると、苦悩してないような印象・・・・?それか、囚われきってるのか。



Posted on 2005/08/17 Wed. 09:46 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

17

Crazy Fingers 

アマゾンでたのんでたCrazy Fingers、届きました~^▽^
Jeff Beck: Crazy Fingers

HMVでは在庫切れだったのに♪
開いてみれば、ぎっしり英文が・・・(汗)
あんまり傷をつけたくないけど、読もうと思ったら折癖ついちゃうなぁ。
写真が、そんなにたくさんじゃないし白黒だけど、結構綺麗な状態で載ってて良いです。まあ、ほとんどネット上からダウンロードしたことのある写真ばかりだけど。
今、ネットから拾ってきたインタービュー記事を読んでるんだけど、それに比べると、整然とした文章で分かりやすい~いつか絶対、全部読み終わるぞ(いつのことやら;)

Posted on 2005/08/16 Tue. 09:35 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

16

音楽って 

さっきまで、NHKBSのジョン・レノン特集見てました。
渋谷陽一氏と松村雄策氏がパーソナリティで。
昔NHK FMの夜10時台の、渋谷陽一氏の番組をよく聴いてたんで、懐かしい声。
一方、松村氏のほうは、何年間か毎月ロッキングオンを買ってたんで、名前と顔は知ってました。
ずいぶん白髪が増えたんですねぇ。みんな年をとるんだな。

んで、ジョン・レノンですが。
やっぱり、すごい影響力のある人だったなと、改めて思いました。
ビートルズは、中学生くらいのときにリバイバルブームがあって、男の子たちはみんなギターを買って歌ってましたね。私も初期を中心にそこそこ聞いてました。
ポップな曲調なのに、歌詞がシニカルだったのに驚いたことを覚えてます。
そのころのポップスの歌詞なんて、Jeff言うところの「誰かのラブレターみたいなもん」だと言う印象が強かったんで。
で、今日改めてジョン・レノンの曲を聞いてみて、すべてビートルズ解散後の曲だったんですけど、やっぱ歌詞が違うなと思いました。
すごい、自分さらけ出しですよね。
だから、ずっと聞いてると、なんか自分がジョン・レノンというおなべに落ち込んでしまって、身動き取れない気持ちになってしまいました。

そうなると、音楽ってなんだ?と思ってしまいます。ああいう、きちんとした言葉でメッセージを伝えるばかりじゃないんじゃないかと。
もっと純粋に、音そのものとして、心を揺さぶることもできるんじゃないかな、というか、そういう音楽も好きだなと。
確かに、歌ってすごい。意味を理解することで、とても素直に伝わるし、心を動かしやすい。
でも、音ってものもすごいと思う。特に、音のみで人の心を揺らすというのは、音そのものには意味が無いわけですから、もっと純粋な、思想性のない、体で感じる、原始的な感動だと思うんですよ。
歌より音で感動させるほうが、難しいかもしれないなと思います。
私らは、音で感動できる。それって、素敵。
そして、音楽って、私を捕まえて、自由な空へ押し上げて翔ばせてくれるような気がします。その感覚は、むしろ歌の無い、もしくは、声を音のひとつとして捉えた場合のほうが、より感じられるんです、私は。

洋楽を好きじゃない友人は、歌詞の意味が分からないから好きじゃないと言います(ちなみに友人は英語の先生)。
私にとっては、歌詞は必ずしも理解できなくても良いです。何を歌っているかより、巧みなヴォーカルの音としてのクオリティが気になる。
だから、歌詞がLove me Kiss meだけでもかまわない。
もちろん、すばらしい歌詞のある歌はやっぱりすばらしいですけどね。詩の力と音の力の相乗効果で迫ってくるわけだから。
でも、詩に力があればあるほど、感動は範囲の限定されたものになってくると思う。
音だけであるならば、感動はひとりひとりの感じ方で無限に何通りにもなるんじゃないでしょうか。

そういったわけで、歌詞は必ずしも重要じゃないというJeffの言葉はすんなり理解できるのでした~(わ~い、ちゃんとJeffに戻ってこれたよん)

Posted on 2005/08/16 Tue. 01:40 [edit]

category: 音楽

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

16

National Portrait Gallery 

National Portrait Galleryは、中世から現代までの著名な英国人たちの肖像画(写真)を展示しているギャラリー。

Jeff BeckEric Claptonはあります。
Jeffがなぜか、シンガーとなってて、クラプトンはミュージシャンとなってる。なんでやねん、どっちかと言えば逆じゃん。
Hi-Hoの呪いか(笑)
それに、ちょっと変な写真だし。犬はかっこいいんだけど。
でも、Led ZeppelinやJimmy Pageはありません。
Robert Plantはあります(ネットからは見れないけど)
もちろん、BeatlesRolling Stonesはあります。QueenDuran Duran でさえあるのにね。スティングもあったし。まあ、スティングはたぶんZEPよか著名かもしれんね。
どういう基準なのか、よくわかんないです。だって、Jeffよか、ZEPのほうがやっぱり'著名'でしょ。
まあ、みんなまとめてエリザベス女王に会ってるから、いいか、別に。

どうやら売れてるということは基準じゃないみたいだけど、いろんな人の名前をサーチしてみると、写真があったりなかったり。
それ以外の古めかしい写真も見てて面白いです。

Posted on 2005/08/15 Mon. 07:56 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

15

AERA in ROCK(妄想多し、危険) 

今本屋さんに並んでるのが、AERA in ROCKⅡなんだけど。
前にも書いたけど、JBの記事のサブタイトルが「一人じゃないもん!」^^;
AERA in ROCKⅠのほうで、「一人ぼっちのJeff Beck」と言う記事があるということで、Ⅰも買っちゃいましたよ。
ⅠもⅡもBBAのころの写真なんですが、Ⅱのカーマインの鼻に指突っ込んでるのもすごく楽しくていいんだけど、Ⅰのほうの、葉巻を手に、ぽやんと視線を泳がしてる写真がめっちゃ良いです。

実を言うと、JBは目元以外はどっちかというと醜男の部類に入るんじゃないのかなーとひそかに思ってるワタクシ。
だって、下唇出がちだし(別に気にしなくていいの!)、結構あばただし(若い時はしょうがないよね)、鼻は大きすぎるし(高いの!)、頭でかいし(髪型のせい!)、顔でかいし(舞台栄えしていいじゃん)、ちょっと短足だし(問題なし)、すきっ歯だし(ちょっとだけじゃん)。
(私の基準では、美男子というのは、ジュード・ロウやダースベイダーになっちゃうヘイデン・クリステンセン、昔のロバート・プラントみたいなタイプなんで。)

だけど、JBのあの目。
ワイルドで鋭い目元なんだけど、時に繊細で気弱に見えることもあったりするのね。なんか一生懸命虚勢を張ってるんだけど、ときどきポロリと地が出ると言うか。
シャイな人なんだそう。でも、ステージではすごく楽しそうで笑顔がかあいい。
服のセンスはけっこうダサい^^
服は着れればいい、ギターさえ弾ければ(もしくは、車さえいじってられれば)外見なんかどうでもいいや~って感じで。
たまにがんばっておしゃれしてたりしてても、どこか外れてたり。彼の服装を見るときは、いつもひやひやしてたりします。
そこがまた、不器用で、ほほえましくも保護欲をそそるというか。ギターはあんなに器用なのにね。
全部ひっくるめると、私にはどんな美男子よりいい男に見えるの。
特に、BBAのあたりって、なんか一番色っぽいんじゃないかな~っと、勝手に妄想しているわけです。
あ、いや、前全開なことが多いからってわけじゃないですよ。

そういえば、BBキングがJeffのことを"He's good looking and talented."と言ってました。んじゃ、やっぱり、世間様から見ても、ちゃんとかっこいいよね?(消極的;)
前に友人が「ラジオで、『Jeff Beckってどこがいいの?さ~?髪型がかっこいいだけじゃないの~?』って言われてたよ」って言っててへこみました。
んと、どこが良いのか、そりゃ音であり、存在そのものですよ。
大体が、髪型がかっこいいだけで、あんだけコンサートでの男性ファン率が高いわけが無いじゃん。ミーハーな私でさえ、結局は彼のギターサウンドが好きなわけで、それが無かったらここまで入れ込んでませんって。
と言うことを、その当時の自分がちゃんと言えたらよかったんだけど--;

AERA in ROCKは、全体的に写真のクオリティが高くて、見てて楽しい本です。
ターゲットは40代以上なんだろね。
値段設定が高いのも「大人なんだからね」てなわけでしょうか^^;

Posted on 2005/08/14 Sun. 09:01 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

14

People get ready 

これ、Jeffの初PVだったよね。
セピアトーンで、もう、すっごいかっこよかったです。
畑の真ん中や、貨物車とか、屋外でエレクトリックギターを弾くという、ありえねー設定だったけど、二人の仲良しぶりっ子がかわいかったです♪
特にJeffは、少年っぽさ全開でした。驚異の40才♪
このPVのためだけに、ロッドのDVD買いました。
ストーリーテラー1984-1991
ワーナーミュージック・ジャパン
ロッド・スチュワート(アーティスト)
発送:通常5日間以内に発送
Disc 1
  1. おまえにヒート・アップ(インファチュエーション)
  2. サム・ガイズ
  3. ピープル・ゲット・レディ
  4. エヴリ・ビート・オブ・マイ・ハート
  5. ロスト・イン・ユー
  6. フォーエヴァー・ヤング
  7. キャント・テル・ユー・ノー
  8. ダウンタウン・トレイン
  9. ジス・オールド・ハート・オブ・マイン
  10. リズム・オブ・マイ・ハート
  11. ザ・モータウン・ソング
  12. ブロークン・アロウ

もう1曲、インファチュエーションでもJeffがちょっと映ってて、何遍見たか分からないです。
もちろん、アルバム、Flashも買いましたよ~。
その当時は、う~~~~~~~~~んとうなっちゃったアルバムだったけどね。
その中でも、これは出色の出来ですよね。
この間の日本公演でも弾いてくれました。
でも、出来たら、あのデリカシーの無いヴォーカルは無しにしておいて欲しかったな。
思い切り歌う曲じゃないでしょーが・・・。
さっき、コンコードパビリオンでのライブ見てました。
この曲はアンコールでやってたけど、歌無しで問題ナッシングですよ。
ちなみに、この曲が終わると、ギターを床に放り出し、拳銃で撃つまね&放尿のまねまでしてました。か、かわいそーなギター^^;

Posted on 2005/08/13 Sat. 23:01 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

13

ギターについて、オベンキョしました 

ず~っと昔に、アコースティックギター?ひょっとしたらフォークギター(どこがどう違うのか知らん)をちょっとだけ兄から借りて練習してたことがあったんですが、定番のあの曲とドナドナを覚えて挫折しましたです。
とにかく、ネックが私には太すぎて。元々手も小さいほうなので、こりゃだめだと。大体小学生だったような気もするし;
そのころは、エレクトリック・ギターなんて、あの変な音と形のやつ?ってくらいの認識でした。

で、最近、JeffのDVDをよく見ます。ほかの人はどうだか知らないけど、やたらと手元がアップになる場面が多いです。
今までは主にCDやレコード(LPまだたくさん持ってます)で聞くのみだったんで、どうやって音を出すかということは、ギターを弾かない私にとっちゃ謎だったんですけど。
DVD見て、なんか興味が出てきました。
前にも書いたけど、こんな風にしてこの音は出してたのか~と、無知ゆえに驚いてみたり。
うちの家族はZEPファンですが、楽器は弾けませんので、いろいろ聞いてみても埒が明かない感じだったんで、今日、エレクトリック・ギターの弾ける親戚のおにーさんに、実際にギターで目の前でひいてもらって、いろいろ教わりましたです。
おにーさん、とても参考になりました、ありがとうございました。

というわけでおさらい。
サスティンって何?=音を伸ばす、みたいなの。
ディストーションって何?=ひずんだ音。昔は大音量にすることによって得ていたけど、今はエフェクトでできる。
フレットのあたりで、右手の指で押さえるみたいにしてるのは何?=トリル。押さえてるだけじゃなくて、右手でも左手でもはじくようにしてる。左手で押さえるときにも音がでてる。
ハーモニクスって何?=倍音(字あってるかな?)ともいう。弦の長さのちょうど真ん中をはじくと、キーンて感じのオクターブ上の音が出るやつ。その音が出る位置は決まっている。
ピックアップが何箇所かあるけど、何が違うの?=ネックに近い方は柔らかい音、右の方のは硬い音がする。まあ、どこで弾いてもいいけど。以前はソロを取る時にはこっちで、とか、言われてたけど、別に決まってるわけじゃない。
アームの使い方は?=おしたり引いたり。おせば弦が緩むし、引っ張れば弦が張る。あんまりやるとチューニングが狂う。
ボリューム奏法ってどんなの?=はじいてから小指とかでボリュームのつまみを動かして音に変化をつける。特に難しいことじゃないけど、最初にこれを思いついた人はえらい。

そのほか、エレクトリックギターは、中が空洞じゃなく1枚の板で、そうじゃないとうまく音が響かない、とか、基本的にアクロバットなことをしてるわけじゃなく、普通に弾いてるんだとか。
大体こんなことを教えてもらいました。勘違いしてる部分もあるかもしれないけど。
あと、持ってみたら、意外と重いことに驚きました。
一緒に聞いてた子が「こんな重いの持ってJeff Beckさんは踊ってんのかー」とのたまいまして。踊ってなんかいねえ(怒)!!
暴言、失礼。

聞き忘れたこと。
Angelで、スライドバーを右手に持って、弦に当てるようにして音を出してるところがあるんだけど、あれって、こすってるわけなんですよね?
最初当ててるだけで音が出てるのかと思ったんだけど。やっぱこすらないと音出ないですよねー?
でも、やっぱり当ててるだけでも音が出てるような気がする。どゆことなんだろ????

あ、そうそう、昨日の記事で書き忘れてたけど。やっぱりJeffはすべりをよくする為にパウダーを使ってるんだってね。日本で買ったらしきジョンソンのベビーパウダーもあったけど、Jeffは匂いが嫌で、結局イギリスから持ってきたのを使ってたんだって。
名古屋公演では白っぽいサテンみたいな生地のシャツだったから目立たなかったけど、黒いシャツだと、粉で白っぽくなってることよくあるよね。
BBキングとのDVDでも、黒いTシャツにくっきり白い手形がついてたり^^

Posted on 2005/08/13 Sat. 15:57 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 2

13

ギター・マガジンを立ち読み 

今日発売のギター・マガジンを本屋さんで立ち読み。
Jeffの日本公演での機材が4ページにわたって紹介されてます。

私はぜんぜんギターは弾けないので、なにがなんだかわかんないんだけど。
足でふみっとして音を変えるやつ?エフェクターっての?
足のマークの真ん中にドーベルマンかな?ちょっと怖い顔したわんこがついてて。
ふみっすると、わんこの目が光るんだそうな。怖~~~♪

ギターは白いストラト2本と古めかしいテレキャスでした。
テレキャスはCause we're ended lovers(つづりが怪しい)用だったそうだけど、結局ストラトで弾いてたよね。
ストラトはちょっとひびが入ってました。
ギターって、ギタリストさんにとっては大切なものじゃないのかな?結構Jeffは、ギターを荒っぽく扱いますよね。いっぱい持ってるから良いのかな?

いろいろ絵文字が使えるようなので、使ってみました
でも、あんまり使いたいようなのが無いね。

Posted on 2005/08/12 Fri. 16:01 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

12

超季節外れ;クリスマスソングCD 

今日届いたCD。
メリー・アックスマス
スティーブ・ヴァイがプロデュースした、ギタリストによるクリスマスソングアルバムです。
第2弾もありますが、これは1枚目のほう。

曲目と参加ギタリストさんたちは

1.赤鼻のトナカイ(ケニー・ウェイン・シェパード)
2.牧人ひつじを(エリック・ジョンソン)
3.アメージング・グレース(ジェフ・ベック)
4.ジングル・ベル(ブライアン・セッツアー・オーケストラ)
5.きよしこの夜(ジョー・サトリアーニ)
6.諸人こぞりて(スティーヴ・モーズ)
7.クリスマス・タイム・イズ・ヒア(スティーヴ・ヴァイ)
8.ブルー・クリスマス(ジョー・ペリー)
9.ザ・リトル・ドラマー・ボーイ(アレックス・ライフソン)
10.オー・ホーリー・ナイト(リッチー・サンボラ)
11.ハッピー・クリスマス(HOTEI)
12.富士山クリスマス(ポール・ギルバート) ※〈CDテキスト〉

となってます。
これ、アマゾンでは品切れだったんですが、セブン&ワイにありました♪
もちろん、3曲目のJeffのアメージング・グレース目当て。
この曲は、あんまりいい出来じゃないと言ってましたが、シンプルにメロディラインを弾いてるって感じかな。後半ちょっといつものJeffっぽいですけど。
これ、すごくいいって言ってる人もいました。う~ん?
またクリスマス近くなったら、引っ張り出して聴いてみよ♪

Posted on 2005/08/12 Fri. 00:24 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 2

12

クィーンのDVDで 

そういえば、クィーンのDVDのことですが
3巻ともにJeffが出てるって書いてあったんですけど、実際は1巻と2巻にちょろっと出てました^^
ちょろっとでもうれしいよ。

DVDは、時代に沿って作られてて、1巻目の初来日のころのは、実際雑誌で見た写真がそのまんま動いてたんで懐かしかったです。
超一流のエンターテナーだったよね、彼らは。
来日決まったけど、う~ん、行かないです。だって、TVで放送するような気もするしね^^;
チケットぴあから先行予約のお知らせあったけどさ。
ポール・ロジャースのヴォーカルはパワフルでフレディと同じくらいすばらしいけど。
Jeffも言ってたけど、「ポール・ロジャース、クィーンを歌う」であるわけで、だれもフレディの代わりにはなれない。
どうせなら新生クィーンとして、オール新曲でやってみて欲しいな。
それなら受け入れられそう。それか、バンド名を変えるとか。
やっぱ、あれだけのバンドだと、名前を捨てられないかなー。
Jeffとは対極なわけですな。
こんなこと言ってても、そのうちにポールのクィーンで慣れちゃうんだろね。

あ、それから、またまたサンタナ・ルカサーとのライブでのことなんですけど。
ボリュームを調節しながらこすったような音をだすのって、ボリューム奏法というんですってね。ちょっとお勉強になりました^^
あはは、無知だもんで~。
ほかの映像を見てみたら、結構やってました。ほかのギタリストがやってるのも聞いてみたいな。

Posted on 2005/08/11 Thu. 00:15 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 2

11

カーマニア 

Jeffの組み立てた車の写真が載ってます。
品のいい感じの、水色?グレーかも?の車。

ほかにも、これとか、これとか。
これなんかは、彼の車なのかな?

フォトグラファーのロバート・ナイト氏は、車とJeffを一緒に撮るのが好きだそう。車といるときのJeffは”real him”なんだって。
ジェニファー・バトンのサイトのジェニファーのインタビュー記事によると、Jeffは料理の腕前も車同様かなりのものらしいです。
ギターとおんなじくらい真剣に料理するんで、ガーリックかなんかのことでほんとに怒っちゃったりすることもあるそうな*^^*。
いいなぁ、食べてみたいよ~。
最近肉類を食べるたびに、私はベジタリアンにはなれないなぁとしみじみ思います・・・。

Posted on 2005/08/10 Wed. 01:08 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

10

フォトグラファーRoss Halfin氏のギャラリー 

写真家、Ross Halfin氏のギャラリーのJeffのページ。
この方、ジミー・ペイジとはとても仲がいいらしい。
で、ジミーを通して、3~4回しかJeffにはあってないそうだけど。
Player誌2004年10月号の表紙はこの方が取った写真。
で、この号、二人のインタビューが載ってますが、Ross Halfin氏のギャラリーに、英語の、多分、下のほうにある、GUITAR WORLDという雑誌だと思うけど、そっちにも同じインタビューが載ったんだね、そのページの画像が載ってます。
それが、プレイヤー誌のとは、写真が違うの。
英語版のは、この方が撮った写真なんでしょう、二人ともすごくリラックスしてて、楽しそうなんです。
最近のアルバムジャケット写真はブルーな雰囲気のが続いてることについて、写真を1時間も撮るのはブルーな気分になるものだし、写真家ってあんまりジョークが好きな人はいないからとか言ってましたが、ここの写真はすっごく楽しそうです。
やっぱ、子供時代からの友人であるジミーと一緒だからかな。「笑えって言われても笑えない」なんて言ってましたが、ここの写真は自発的に楽しそうに笑ってる。屋外で撮ってるのなんか全開笑顔だし。
二人並んで写ってる写真で、「へへん」ってな顔してるのが、悪ガキっぽくて好き♪
どうして、プレイヤーではこっちの写真じゃなかったのかな。
多分、この雑誌からインタビューを買ったんだろうけど、そのときに写真も買って全部載せて欲しかったな。

ところで、この写真家さんのサイト、ほかのページも面白い。
ミュージシャンの写真は、ギャラリーのバンドというところにぎっしりあります。ジミー・ペイジとは親友なんだそうな。
日本に来たときのことなんかも書いてあって、楽しい。
この人、日本女性がタイプなんかな?Diaryのページで、毎月のように小雪の表紙の雑誌が載せてあるの。
イギリスへ撮影に小雪が来たとかで、何で俺が雇われなかったんだ~!とか、未来の嫁だとか書いてあるし^^;
そのほか、メタル系のミュージシャンの写真も、Diaryにいっぱいあって、読んでて楽しいです♪

Posted on 2005/08/08 Mon. 01:57 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

08

DVD YARDBIRDS(ミーハー全開妄言だらけにつき危険;) 

ヤードバーズ
「ヤードバーズの歴史」みたいなDVD。
元ヤードバーズのメンバーや、関係者、もちろんクラプトン、Jeff、ジミー・ペイジのインタビューや、TVやライブの当時の映像がたくさんはいってる。
そしてなにより!Jeffが!いっぱいしゃべってます♪
Jeffは、Tシャツの袖切った、肩の出てるいつものJeffスタイルなんだけど、ちょっといつもより大きく切り取ってあるみたいで、なんか女の子の服みたい(爆)
そんなの着ながら、頭掻いたり、髪の毛引っ張ってみたり、も~かわいいったら♪(すいません、妄言モードです)

で、頭掻くとき、腕が上がるじゃないですか。
脇が・・・・よ~く見ると、ほんのしょぼっとだけ、ありました(///∇///)
まったくのつるつるではないみたい。
欧米人って薄い人多いのかな?プラトーンに出てた役者さんも無かったし、ストーンズのDVD見てたら、ロン・ウッドもつるつるしてた・・・・何を見とんじゃ私(*><*)

後半で、元ヤードバーズのメンバーと4人でキース・レルフについて語ってるところで、4人ならんで窮屈そうにソファにすわってるんだけど、やっぱり、Jeffひとりすごい若い。
着てるものとか、見た目も若いけど、しぐさとか表情が落ち着きが無くて♪とにかく若いの。しゃべるときも感情豊かなんだ~。
個人インタビューのときに、ちょっとぽやんとした表情になるときがあってlovely♪。そうかー、こんな顔していつもしゃべってるんだー、うふふ~♪
妄言全開ですみません。
昔の映像でも、Jeffはちょこまかよく体が動いてて、わお?みたいな声も出してました。

話ずれますけど、先日見てた軽井沢ライブで、サンタナがソロを弾いてて、Jeffは、どっか絡めるところないかなって、ずっとサンタナをうかがってるんだけど、サンタナはぜんぜん譲る気無くて結局ラストまで一人で弾いちゃったんで、一番最後にちょっとだけきゅい~~んと入ったのが笑えました^▽^

Posted on 2005/08/08 Mon. 01:49 [edit]

category: Jeff Beck妄言

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 1    CM: 0

08

「一人じゃないもん!でも、おうちかえる」?! 

今発売中のAERA in ROCKⅡのJeffの記事のサブタイトルがこれ(笑)

もちろん、彼が「一人じゃないもん!」と叫んだわけでも、「もうお家帰る!」と駄々をこねたわけでもないです;
パーマネントな音楽上のパートナーがいない状況(でも友人がいないわけじゃない)や、何か気に入らないとすぐに止めて「うちに帰る」を実行してしまうことが多いってことで。

レッド、ホワイト & ブルース
マーティン・スコセッシ監修のブルース映画プロジェクトの、「レッド・ホワイト&ブルース」てのがあるんですが、ブルースの歴史を語るみたいな内容で、なんでJeffが出てて、演奏してるのか、ちょっと不思議だったんだけど、AERAと今月号のPlayer誌のインタビューにそのあたりのことが書いてありました。
なぜかブルースの語り部みたいに扱われて、トラディッショナルなブルースを演奏しなくちゃならないのかいまいち話が違うと思ったんで「うちに帰ろうと思った」んだそうです。でも、トム・ジョーンズがうまく引き止めてくれたんで、何とか最後までやったそう。
それについて、「トムは真のプロだよ、劣悪なコンディションでもベストを尽くして、すばらしい結果を出すから」なんて言ってますが、あのー、自分もプロだって自覚あります?^^;
プロは普通、最後までやるもんよ;

あのDVD、Jeffよりよっぽどブルースに傾倒してたクラプトンが出てて、喋り捲ってたのは納得できるけど、演奏するのがなんでJeff?って違和感はやっぱりありました。
だって、トラディッショナルなブルースに忠実だったのはクラプトンのほうで、Jeffはブルースもルーツにしてたけど、ロカビリーとかも好きだったわけだし、60年代にはそこからより新しいものを作り上げようとしてたわけですからね。
そのせいなのか、演奏部員だからなのか、はたまた編集のせいなのか、あんまりこのDVDではJeffはしゃべってませんでした。
やっぱり、本人が乗り気じゃなかったわけね。
興味のある内容についてなら、結構饒舌な人のはずなんだけど。

AERAにもどりますが、なぜにこのような表現なんだろ(笑)
前にJeffの記事がAERAに載ったときも、「はにかんだ笑顔がかわいい」とか男性記者が書いてました。55歳の彼に対してですよ。
(記事を書いたの同じ人かと思ったら別人でした)
ミーハーな私や、ほかのミーハー系女性ファンは、まあこんな風にJeffのこと見てますけどね(キャ♪)、男性でも、そんな風に表現してみたくなっちゃう人がいるんすね;

Posted on 2005/08/07 Sun. 14:53 [edit]

category: Jeff Beck妄言

TB: 0    CM: 2

07

軽井沢サンタナ・ルカサーとのライヴを見てて 

昨日、家族と見てたんですよ。
んで、ずっとどうやったらあんな音を出せるのか不思議だったところが、家族(私よりロックファン歴長いZEPファン)の解説でなるほろ~っと理解&感心してしまいました。

Cause We've Ended As Lovers(「悲しみの恋人達」って邦題はちょっとはずい;)の、ラストで、Blow by Blowでの録音ではなく、ライヴでだと、ちょっとかすれたようなすごく高い音で締めくくりになるんだけど、その音って、こう、なんつーか、ギターよく知らないのでなんと呼ぶのか分からないんですけど、ギターって、弦をはじいて音を出してるわけなので、無音からいきなりペンっっと音がはいるじゃないですか。
それが、音の入りも抜けもペンっって感じじゃなくて、かすれた感じで、弦をこすって出す音みたいに聞こえるんです。
聞いてもらったらすぐわかるんだけど、説明難しいですね;
で、それがずっと不思議だったの。
いや、ギター弾く人には、不思議じゃないのかもしれないけどドシロートだもんで;

で、その部分、見てたら、弾きながら、右手中指か薬指あたりで、ボリュームを上げ下げして出すんですね!器用だな~。びっくりしました。
ボリュームの調節は足元のペダルでできるんだけどね、と家族が言ってましたが、ペダルだとデリケートな調節ができないから手でやってんのかな?
でも、そのときはテレキャスターだったんだけど、ほかのビデオでストラトで弾いてるのがあって、そっちでもおんなじような音出してる?そっちは手元があんまり写ってなくて、よく分からないんです。多分、同じなんだろうな。
ギター弾きさんからみたら、すっごいしょうもないことを不思議がってるんでしょうね、私;

それともうひとつ、ドシロートの疑問。
スティービー・レイ・ヴォーンはアンプの設定?が10だけど、ロバート・ナイト(写真家さん)がスティービーと一緒にJeffのアンプを見に行って、設定?が1か2なのに驚いたと書いてあったんですけど。
意味が分かんないの;
なんか、変なの?

Posted on 2005/08/05 Fri. 10:41 [edit]

category: Jeff Beck妄言

TB: 0    CM: 0

05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。